「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備の支援をさせて頂きます。

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

従業員教育コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

基本的能力リスト

3.ビジネスマナー(円滑に職務を遂行するためにマナーの良い対応を行う能力)

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

職場において、職務にふさわしい身だしなみを保っている。

A:職務にふさわしい頭髪、化粧をしていた
A:職務、時と場合にふさわしい服装をしていた
B:職務に影響のない頭髪、化粧をしていた
B:時と場所をわきまえた服装をしていた
B:決められた制服・服装の着用を遵守していた

C:職務にふさわしくない頭髪、ひげ、化粧、過度なアクセサリー等が周りに不快感を

えていた

C:時と場所をわきまえない服装をして、周りに違和感を与えていた

職場の上位者や同僚などに対し、日常的な挨拶をきちんと行っている。

A:目上の人に会釈していた
A:会話中、来客中の場合は、声を出さず目で合図していた
B:出勤時に上位者や同僚等に対し挨拶をしていた
B:帰宅時、上位者や同僚等に対し挨拶をしていた
B:「おはようございます」「お先に失礼します」など、必要な挨拶をしていた
C:お客様か社員なのか区別ができていなかった
C:社員の顔と名前が一致せず、誰に挨拶してよいかわからなかった
C:きちんとした挨拶がほとんどできていなかった

状況に応じて適切な敬語の使い分けをしている。

A:時と場所に応じて、失礼にならないようにしていた
A:丁寧に話していた
A:わかりやすいように言い回しを工夫していた
B:違和感のない敬語を遣っていた
B:よどみなくしゃべっていた
B:わかりやすいようにビジネス用語を取り入れていた
C:敬語をよくわかっていなかった
C:友達言葉(ため口)になっていることがあった

お客様に対し、礼儀正しい対応(お辞儀、挨拶、言葉遣い)をしている。

A:お客様の表情からどのような気持ちなのかを理解していた
A:イライラしているときでもお客様の前ではすぐに気持ちを切り替えられた
B:決められた角度でお辞儀をしていた
B:正しい挨拶をしていた
B:正しい言葉遣いをしていた
C:会釈、敬礼などお辞儀の区分がわかっていなかった
C:時と場合に応じてどのようなお辞儀をしてよいかわかっていなかった
C:お客様に対して友達言葉(ため口)になっていた

接遇時、訪問時などに基本的なビジネス・マナーを実践している。

A:自分よりもお客様の都合を優先していた
A:お客様に好印象、好感を得られるように工夫していた
B:ビジネスマナーの基本を理解していた
B:知らないマナー・ルールは上司に確認していた
C:上座・下座の区別がついていなかつた
C:お客様のご都合の確認を怠っていた
C:訪問する際に日時の確認を怠っていた