「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備の支援をさせて頂きます。

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

従業員教育コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

基本的能力リスト

4.コミュニケーション(適切な自己表現・双方向の意思疎通を図る能力)

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

上司・先輩などの上位者に対し、正確にホウレンソウ(報告・連絡・相談)をしている。

A:定期的に連絡するためスケジュールを設定していた
A:内容を整理してわかりやすく報告していた
A:内容に応じて、口頭か文書か、メモか報告書か、使い分けて報告していた
B:伝達事項を漏れなく連絡していた
B:上位者に対してタイミングよく報告していた
B:必要性を感じたら遅滞なく相談して問題解決を図っていた
C:聞かれるまで何もしていなかった
C:上位者に報告を怠っていた
C:上位者・同僚への連絡を怠っていた

自分の意見や主張を筋道立てて相手に説明している。

A:事前に要点を整理していた
A:必要に応じて内容のメモを渡していた
A:相手の表情、頷き、相槌を確認しながら説明していた
B:言いたいことを整理してから話していた
B:必要に応じてメモを作成していた
C:何を話しているかわからないことがあった
C:相手の理解度を考慮せず一方的に話していた

相手の心情に配慮し、適切な態度や言葉遣い、姿勢で依頼や折衝をしている。

A:相手の身になって接していた

A:相手が困っている場合、できる範囲で協力していた

B:どのような相手でも、適切な態度、言葉遣いをしていた
B:相手の要望とこちらの要望をすり合わせていた
C:相手を考慮せず横柄な態度をとっていた
C:乱暴な言葉遣いをしていた
C:相手の話し/言い分を聞いていなかった

職場の同僚等と本音で話し合える人間関係を構築している。

A:相手の話す内容や言い分を積極的に傾聴していた
A:考えや意見が異なる場合も、自分の意見や考えを伝えていた
A:必要に応じてコミュニケーションを深めていた
B:同僚に共通する仕事の内容確認や情報交換を行っていた
B:勤務時間後や休憩時間にコミュニケーションをとっていた
C:同僚対して不信感があり、結果的に信頼も得られていなかった
C:積極的に話しかけたりせず、同僚とのコミュニケーションが不足していた

苦手な上司や同僚とも、仕事上支障がないよう、必要な関係を保っている。

A:相手の話をよく聞く機会を設けていた
A:相手を上辺だけで判断せず、よいところも理解しようとしていた
B:出社時、帰宅時に挨拶をしていた
B:仕事の内容、進捗を連絡していた
B:必要に応じて報告するとともに、問題点を早めに相談していた
C:嫌いな上司や同僚との接触を避けていた
C:必要最低限の連絡・会話しか取っていなかった