「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備の支援をさせて頂きます。

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

従業員教育コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

生産管理 プランニング業務

1.生産システムと生産計画基礎

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

生産の構造、管理システムなど生産システムの考え方を理解している。

A:生産システムについて、やや細かいところまで理解していた
A:質問に的確に回答できていた
B:日常の業務遂行に支障がない程度に生産システムの概要を理解していた
C:生産システムについて十分理解していなかった
C:日常の業務遂行に支障をきたしていた

製品企画の目的を理解し、ターゲットユーザーの設定等のマーケティング活動の補助を行っている。

A:逐一指示しなくてもある程度自分で判断しながらマーケティング活動の補助を遂行

していた

A:マーケティング等の実務は正確・迅速だった
B:マーケティング活動の補助をおおむね指示されたとおり遂行できていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:マーケティング活動について十分に理解していなかった
C:ミスや誤りが多く、要求水準に到達していないことが多かった

設計管理の目的を理解し、基本的なステップを踏みながらデザインレビューの補助を行っている。

A:逐一指示しなくてもある程度自分で判断しながらデザインレビューの補助を遂行し

ていた

A:レビュー等の実務は正確・迅速だった
B:デザインレビューの補助をおおむね指示されたとおり遂行できていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:デザインレビューについて十分に理解していなかった
C:ミスや誤りが多く、要求水準に到達していないことが多かった

生産形態の特徴を理解し、生産方式の選択に関する業務の補助を適切に行っている。

A:逐一指示しなくてもある程度自分で判断しながら選択の補助を遂行していた

A:選択等の実務は正確・迅速だった
B:生産方式選択の補助をおおむね指示されたとおり遂行できていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:生産方式の選択について十分に理解していなかった
C:ミスや誤りが多く、要求水準に到達していないことが多かった

能力と負荷のバランスなど生産計画の基本的な立案方法を理解し、計画立案の補助を行っている。

A:逐一指示しなくてもある程度自分で判断しながら計画立案の補助を遂行していた
A:立案等の実務は正確・迅速だった
B:計画立案の補助をおおむね指示されたとおり遂行できていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:生産計画について十分に理解していなかった
C:ミスや誤りが多く、要求水準に到達していないことが多かった

⑥生産計画を立案し、工数、日程等の生産統制に関する補助を行っている。

A:逐一指示しなくてもある程度自分で判断しながら生産計画・生産統制の補助を遂

していた

A:立案等の実務は正確・迅速だった
B:生産計画・生産統制の補助をおおむね指示されたとおり遂行できていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:生産計画・生産統制について十分に理解していなかった
C:ミスや誤りが多く、要求水準に到達していないことが多かった

部品展開と材料所要量計算を行い、発注方式の選択や資材・在庫管理に関する補助を行っている。

A:逐一指示しなくてもある程度自分で判断しながら資材・在庫管理の補助を遂行し

ていた

A:計算等の実務は正確・迅速だった
B:資材・在庫管理の補助をおおむね指示されたとおり遂行できていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:資材・在庫管理について十分に理解していなかった
C:計算にミスや誤りが多く、要求水準に到達していないことが多かった

IE(インダストリアルエンジニアリング)手法の基本を理解し、工程の分析・改善の補助を行っている。

A:逐一指示しなくてもある程度自分で判断しながら工程の分析・改善の補助を遂行

していた

A:分析等の実務は正確・迅速だった
B:工程の分析・改善の補助をおおむね指示されたとおり遂行できていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:IE手法について十分に理解していなかった
C:計算にミスや誤りが多く、要求水準に到達していないことが多かった

工程編成の特徴を理解してラインバランス検討の補助を行っている。

A:逐一指示しなくてもある程度自分で判断しながら検討の補助を遂行していた
A:計算等の実務は正確・迅速だった
B:検討の補助をおおむね指示されたとおり遂行できていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:工程編成について十分に理解していなかった
C:計算ミスや誤りが多く、要求水準に到達していないことが多かった