「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備の支援をさせて頂きます。

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

従業員教育コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

プラスチック製品製造業 成形部門業務

5.フロー成形

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①ブロー成形機の機能、構造、危険箇所等や、汎用プラスチックの種類及び性質について、基本的な知識を学んでいる。

A:ブロー成形機の機能、構造、危険箇所等や、汎用プラスチックの種類及び性質について、基本的な知識を学び身につけた
B:ブロー成形機や、汎用プラスチックの種類及び性質について、基本的な知識を学ぶ姿勢が見られた
C:ブロー成形機の機能、構造、危険箇所等や、汎用プラスチックの種類及び性質について、基本的な知識を学ぶ姿勢があまり見られなかった

②上司の指示に従って、ブロー成形機、周辺機器、金型加工治具の始業点検をしている。

A:自ら進んで始業点検をしていた
A:始業点検作業は正確・迅速だった
B:素直に助言や指導を受け、始業点検をしていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:上司の指示を聞かなかった
C:始業点検をしないケースが散見された

③誤品、混入等がユーザーに与える影響を知り、これを防止する意識を持って仕事をしている。

A:誤品、混入等がユーザーに与える影響を知り、これを防止する意識を持って仕事をしていた
A:誤品、混入等は生じなかった
B:誤品、混入等がユーザーに与える影響を理解していた
B:誤品、混入を防止する意識を持って仕事をしていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:誤品、混入等がユーザーに与える影響を理解していなかった
C:誤品、混入等を生じさせ支障をきたしていた

④所定の作業手順に従って、担当成形機の生産に支障がないか定められた作業標準に沿って常にチェックしている。

A:逐一指示されなくとも担当成形機の生産に支障がないか定められた作業標準に沿って常にチェックしていた
B:できる範囲で、担当成形機の生産に支障がないか常にチェックしていた
B:所定の作業手順や作業標準に従っていた
C:所定の作業手順に従って、チェックすることができないケースが散見された
C:日常業務の遂行に支障をきたしていた

⑤所定の作業手順に従って、基本的な大バリ取り、冷却作業を実施している。

A:逐一指示されなくとも作業手順に従って、基本的な大バリ取り、冷却作業を実施していた
A:作業は正確・迅速だった
B:できる範囲で、基本的な大バリ取り、冷却作業を実施していた
B:実務上特段の支障はなかった
C:作業手順に従って、基本的な大バリ取り、冷却作業を実施できないケースが散見された
C:日常業務の遂行に支障をきたしていた

⑥異常を発見した場合、作業を中断して所定の作業手順に従って即報告している。

A:異常を発見した場合、作業を中断して所定の作業手順に従って即報告していた
A:作業は正確・迅速だった
B:異常を発見した場合には、作業を中断していた
B:所定の作業手順に従って即報告していた
B:実務上特段の支障はなか
C:異常を発見できないケースが散見された
C:異常を報告できないケースも散見された
C:日常業務の遂行に支障をきたしていた

⑦上司の指示に従って、基本的なブロー成形金型・加工治具の整理、整頓を行っている。

A:逐一指示されなくともブロー成形金型・加工治具の整理、整頓を行っていた
A:率先垂範して職場の美化を実践していた
B:素直に助言や指導を受け、ブロー成形金型・加工治具の整理、整頓を行っていた
B:決められたことを実施し、職場づくりに協力していた
C:上司の指示があっても、ブロー成形金型・加工治具の整理、整頓ができないケースが散見された
C:決められたことをやらず、片付けも不十分であった

⑧所定の作業手順に従い、スクラップのリサイクル及び廃棄をしている。

A:逐一指示されなくとも作業手順に従って、スクラップのリサイクル及び廃棄をしていた
A:作業は正確・迅速だった
B:できる範囲で、スクラップのリサイクル及び廃棄をしていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:所定の作業手順を無視して、スクラップのリサイクル及び廃棄をできないケースが散見された
C:日常業務の遂行に支障をきたしていた

⑨決められた判断基準に従って検査作業を行い、製品の良否を選別している。

A:逐一指示されなくとも決められた判断基準に従って、製品の良否を選別していた
A:製品の良否の選別は正確・迅速だった
B:成形品の判断基準を知っていた
B:検査作業を行い、製品の良否を選別していた
B:製品の良否を選別できていた
C:決められた判断基準に従って製品の良否を選別できないケースが散見された
C:製品の良否を選別できていなかった