「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備!

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

経営コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

プラスチック製品製造業 二次加工業務

1.安全衛生及び諸ルールの遵守

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①会社や工場の定める安全規程の内容を正しく理解し、これに反する行動は行っていない。

A:安全規程等の内容を十分理解していた
A:正しい行動をしていた
B:教えられた範囲の安全規程等の内容を理解して行動していた
B:特段の注意や指導は必要なかった
C:教えられた安全規程等の内容を理解していなかった
C:安全規程等に反した行動(不安全行動)が散見された
C:事故が発生しないように注意を要した

②環境問題に対する意識をもち、廃液・廃棄物の処理やリサイクル・分別収集など、ルールに則った行動を知っている。

A:ルールの内容を十分理解していた
B:廃液・廃棄物の処理やリサイクル・分別収集などのルールを知っていた
B:特段の注意や指導は必要なかった
C:ルールの内容を理解していなかった
C:ルールを無視した行動が散見された
C:間違い・トラブルを起こさないように注意を要した

③事故防止のため心身の健康を自己管理している。

A:常に心身の健康管理に気を配り、睡眠不足、休養不足等の様子は全く見られなかった
A:常に集中して仕事に取り組んでいた
A:注意力を発揮し事故を未然に防止していた
B:体調管理に気を配り、睡眠不足、休養不足等の様子はほとんど見られなかった
B:体調不良時は無理せず早めに申し出ていた
B:会社の指示に従い、健康診断をきちんと受けていた
C:心身の健康管理に無関心のようで、睡眠不足や休養不足と思われる様子がたびたび見られた
C:注意力が散漫になることがたびたびあった

④作業場を常に整理するなど、危険を誘発する要因の除去に努めている。

A:概略的な指示のもと、ある程度自分で判断しながら整理・整頓をしていた
A:整理・整頓・清掃は迅速だった
A:危険を予知して行動していた
B:整理・整頓はおおむねできていた
B:特段の注意や指導は必要なかった
B:事故は起こらなかった
C:整理・整頓・清掃の方法・手順について理解していなかった
C:日常の作業遂行に支障をきたしていた

⑤「多分大丈夫だろう」という意識ではなく、「ひょっとしたら事故が起きるかもしれない」という問題意識をもって、日頃から慎重に作業を行っている。

A:常に安全(不安全状態、不安全行動)に注意していた
A:行動に問題はなかった
B:適度な注意力があった
B:特段の注意や指導は必要なかった
C:慎重さに欠けていた
C:作業を見ていて事故発生のおそれがあり注意を要した

2.改善活用による問題解決

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①生産全体の中での自分の担当工程や担当作業の役割を正しく理解している。

A:自分の担当工程や担当作業の役割について内容を十分理解していた
A:受け答え・発言内容は正確だった
B:おおむね担当作業の役割を理解していた
B:作業上特段の支障はなかった
C:自分の担当作業を理解していなかった

②加工、組立、検査、保全など担当作業の標準作業を把握し、正しい方法で作業を行っている。

A:概略的な指示のもと、常に正しい方法で作業を行っていた
B:おおむね正しい方法で作業をしていた
B:作業上特段の支障はなかった
C:標準作業を理解していなかった
C:正しい作業方法で作業ができてなかった
C:日常の作業遂行に支障をきたしていた

③作業の実施方法や実施手順に曖昧な点がある場合には、曖昧なままにすることなく必ず上司や先輩に質問し解決している。

A:「ここがわからない」と具体的な質問をしていた
A:「こういうことですか」と自分の言葉を用いて確認していた
B:適宜質問をして正しい方法を習得しようとしていた
B:わからないときは「まだわかりません」と正直に返答していた
C:曖昧な点があっても質問しなかった
C:自分の判断で作業等を実施してしまうことが度々あった
C:日常の作業遂行に支障をきたしていた

④自分なりに工夫しながら仕事を行い、些細なことであっても改善を試みている。

A:有益な改善提案があった
A:複数の改善提案があった
A:作業手順を守ったうえで、小改善・工夫を積み重ねていた
B:何らかの改善提案があった
B:自分から進んで提案・報告する姿勢がみられた
C:自ら改善しようとする姿勢がほとんど見られなかった

⑤常に身の回りの整理・整頓や清掃を行うなど、作業しやすく衛生的な環境づくりを行っている。

A:概略的な指示のもと、ある程度自分で判断しながら整理・整頓・清掃を遂行していた
A:整理・整頓・清掃は迅速だった
A:清潔は保たれていた
B:整理・整頓・清掃をおおむね指示されたとおり遂行できていた
B:作業上特段の支障はなかった
C:整理・整頓・清掃の方法・手順について理解していなかった
C:日常の作業遂行に支障をきたしていた

⑥小集団活動など組織的に改善活動に取り組んでいる場合には、積極的に活動に参加している。

A:自分から行動を起こし、積極的に取り組んでいた
B:できる範囲で活動に参加し、取り組んでいた
C:活動の参加に後ろ向きで、不参加もしくは義務的に参加していた

3.関係者との連携による業務の遂行

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①自社(工場)の組織構造、各工程の役割分担等について一通り理解している。

A:自社(工場)の組織構造、各工程の役割分担等について内容を周囲に説明できる程度まで理解していた
A:受け答え・発言内容は正確だった
B:おおむね各工程の役割分担等を理解していた
B:作業上特段の支障はなかった
C:各工程の役割分担等を理解していなかった

②同僚や先輩から上手な仕事のやり方やコツを吸収している。

A:自ら進んで質問するなど、積極的に取り組んでいた
B:上手な仕事のやり方を教えられた場合は、素直に取り組んでいた
C:自ら質問することはなかった
C:上手なやり方を教えられた場合でも素直に取り組まなかった

③上司や先輩からの助言や指導に沿った行動をとっている。

A:自ら進んで助言や指導を仰ぎ、行動に反映していた
B:素直に助言や指導を受け、行動に反映していた
C:助言や指導を聞かなかった
C:行動を注意することが度々あった

④担当外の事項に関する依頼であっても、丁寧に対応したり担当者を紹介したりするなど、周囲との友好関係・信頼関係の構築に努めている。

A:自分の担当外であっても非常に誠実・丁寧に対応していた
B:できる範囲で依頼に対応していた
C:自分に関係ないことは無関心で非協力的だった

⑤前後シフトや前後工程の担当者との間に協力的な関係を構築すべく、日頃からコミュニケーションに努めている。

A:自ら進んで行動を起こし、積極的にコミュニケーション作りに取り組んでいた
A:好印象を得ていた
B:できる範囲でコミュニケーション作りに取り組んでいた
B:常識的な挨拶や対応ができていた
C:人と交わるのに消極的だった
C:挨拶ができないなど受け答えに問題があった

⑥会社行事や各種懇親会など、仕事以外の集まりにも積極的に参加し、職場以外の人的ネットワークを広げるよう努めている。

A:自ら進んで行動を起こし、人的ネットワークの拡大に積極的に取り組んでいた
B:できる範囲で会合等に参加し、人的ネットワーク拡大に取り組んでいた
C:人と交わるのに消極的だった
C:人的ネットワーク拡大に無関心だった

4.二次加工

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①塗装・めっき及び印刷、ホットスタンピング、シール貼り、ウレタン・ゴムスポンジ貼り等の加工方法についての基本的な知識を有している。

A:塗装・めっき及び印刷、ホットスタンピング、シール貼り、ウレタン・ゴムスポンジ貼り等の加工方法についての十分な知識を有していた
B:おおむね二次加工方法についての知識を有していた
C:塗装・めっき及び印刷、ホットスタンピング、シール貼り、ウレタン・ゴムスポンジ貼り等の加工方法についての基本的な知識を有していなかった

②塗装・めっき及び印刷、ホットスタンピング、シール貼り、ウレタン・ゴムスポンジ貼り等の実際の基本的な作業を、所定の作業手順に従って行っている。

A:逐一指示されなくとも塗装・めっき及び印刷、ホットスタンピング、シール貼り、ウレタン・ゴムスポンジ貼り等の作業を、所定の作業手順に従って行っていた
B:できる範囲で、塗装・めっき等の作業を、所定の作業手順に従って行っていた 
C:塗装・めっき及び印刷、ホットスタンピング、シール貼り、ウレタン・ゴムスポンジ貼り等の作業を、所定の作業手順に従って行うことができなかった  

③塗装・めっき材料の特徴を知った上で、各製品に対する基本的な塗装・めっき作業を行っている。

A:逐一指示されなくとも各製品に対する基本的な塗装・めっき作業を行っていた
A:塗装・めっき材料の特徴をよく知っていた
B:できる範囲で、各製品に対する基本的な塗装・めっき作業を行っていた
B:塗装・めっき材料の特徴を学ぶ努力を欠かしていなかった
C:各製品に対する基本的な塗装・めっき作業をできないケースが散見された
C:塗装・めっき材料の特徴をよく知らなかった

④接着・溶着・ネジ止め・嵌合・かしめ等に関する基本的な作業の実施に必要な知識を有し、基本的な作業をしている。

A:逐一指示されなくとも接着・溶着・ネジ止め・嵌合・かしめ等の基本的な作業を行っていた
A:作業は正確・迅速だった
B:接着・溶着等の基本的な作業に必要な知識を、おおむね有していた
B:できる範囲で、接着・溶着等の作業を行っていた
C:接着・溶着・ネジ止め・嵌合・かしめ等の基本的な作業をできないケースが散見された
C:日常業務の遂行に支障をきたしていた

⑤異常を発見した場合は、作業を中断し、すぐに上司に報告している。

A:異常を発見した場合、作業を中断し所定の作業手順に従って即報告していた
A:作業は正確・迅速だった
B:異常を発見した場合、作業を中断し、報告していた
B:実務上特段の支障はなかった
C:異常を発見できなかった
C:発見しても作業を中止させられなかった
C:異常を報告できないケースが散見された

5.組立て

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①組立て順序と組立てに必要な治具を知った上で、基本的な組立て作業の段取りを行っている。

A:逐一指示されなくとも基本的な組立て作業の段取りを行っていた
A:組立てに必要な治具をよく知っていた
B:基本的な組立て作業の段取りを行っていた
B:組立てに必要な治具を知っていた
B:組み立て順序を押さえていた
C:基本的な組立て作業の段取りをできないケースが散見された
C:組立てに必要な治具をよく知らなかった

②組立て機に関する基本的な知識・取り扱い方法を知っている。

A:組立て機に関する基本的な知識・取り扱い方法を十分に知っていた
A:知識を十分に活かせていた
B:おおむね組立て機に関する知識・取り扱い方法を知っていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:組立て機に関する基本的な知識・取り扱い方法を知らなかった
C:知識不足により業務の遂行に支障をきたしていた

③組立て作業に必要な各種作業工具の基本的な使用方法を学んでいる。

A:組立て作業に必要な各種作業工具の基本的な使用方法を学習し、身につけていた
A:学習結果を十分に活かせていた
B:組立て作業に必要な各種作業工具の使用方法を積極的に学ぶ姿勢をみせていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:組立て作業に必要な各種作業工具の基本的な使用方法を学習する姿勢があまり見られなかった
C:学習不足により業務の遂行に支障をきたしていた

④定められた作業手順に基づいて、基本的な組立て作業を行っている。

A:逐一指示されなくとも定められた作業手順に基づいて、基本的な組立て作業を行っていた
A:作業は正確・迅速だった
B:できる範囲で、基本的な組立て作業を行っていた
B:定められた作業手順に基づいており、実務上特段の支障はなかった
C:定められた作業手順に基づいた基本的な組立て作業を行うことができないケースが散見された
C:日常業務の遂行に支障をきたしていた

⑤ラインに通常と異なる異常な徴候が生じた時に、非常停止ボタンを押して、ラインをストップさせるとともに、責任者に報告して、指示を待っている。

A:異常を発見した場合、ラインをストップさせるとともに、所定の作業手順に従って即報告していた
A:作業は正確・迅速だった
B:異常を発見した場合、ラインをストップさせていた
B:所定の作業手順に従って即報告していた
C:異常を発見できなかった
C:発見してもラインをストップさせられなかった
C:異常を報告できないケースが散見された

6.包装

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①包装・荷造り機械の構造について基本的な知識を学び、取扱いを行っている。

A:包装・荷造り機械の構造についての十分な知識を有していた
A:学習結果を十分に活かせていた
B:包装・荷造り機械について基本的な知識を積極的に学ぶ姿勢をみせていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:包装・荷造り機械の構造について基本的な知識をあまり学んでいなかった
C:日常業務の遂行に支障をきたしていた

②定められた作業方法に従って、単純な包装・荷造り作業を行っている。

A:逐一指示されなくとも定められた作業方法に従って、単純な包装・荷造り作業を行っていた
A:作業は正確・迅速だった
B:できる範囲で、包装・荷造り作業を行っていた
B:定められた作業方法に従っており、実務上特段の支障はなかった
C:定められた作業方法に従った単純な包装・荷造り作業を行うことができないケースが散見された
C:日常業務の遂行に支障をきたしていた

③製品輸送の際の安全性を理解し、把握している。

A:製品輸送の際の安全性を十分に理解し、把握していた
A:把握している知識を十分に活かせていた
B:製品輸送の際の安全性を理解していた
B:把握内容は正しく、実務上特段の支障はなかった
C:製品輸送の際の安全性をあまり理解していなかった
C:理解不足により業務の遂行に支障をきたしていた

④箱詰時の荷姿・表示ルールを守っている。

A:箱詰時の荷姿・表示ルールを守っており、全く問題なかった
B:箱詰時の荷姿・表示ルールを守っていた
B:実務上特段の支障はなかった
C:箱詰時の荷姿・表示ルールを守れないケースが散見された
C:業務の遂行に支障をきたしていた