「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備!

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

経営コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

金属プレス加工業 機械保全部門

1.技術者倫理の遵守

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①技術者としての自覚や社会的責任をもって仕事をしている。

A:与えられた仕事に対し、技術者として最良の仕事ができるよう意欲的に取り組んでいた
B:与えられた仕事に対し、技術者として誠実に取り組んでおり、特段の注意や指導は要さなかった
C:技術者として最低限の約束事、規則などを守らないことがあった

②日常の業務に関連する法的又は倫理的な問題について常に問題意識をもって取り組んでいる。

A:日頃から日常の業務に照らして、起こりうる法的又は倫理的な問題など問題意識を持ち仕事に取り組んでいた
B:おおむね、業務に関連する法的又は倫理的な問題については意識して仕事に取り組んでいた
C:世の中で起きた法的又は倫理的な問題について無関心で、重要性を理解していなかった

③正当な理由なく業務上知り得た秘密を他に漏らしたり、盗用したりしない。

A:秘密保持の理由や重要性を理解し、情報の取り扱いに対して、細心の注意を払っていた
B:情報の取り扱いに対して、不適切な行為は見受けられなかった
C:秘密保持の重要性をほとんど理解していなかった

④自分の職務や専門分野に関連する時事問題に関心をもち、日ごろから問題意識を高めている。

A:日頃から仕事に関連する時事問題に関心を持ち、情報取得に積極的に努めていた
A:業務との関わりなど問題意識を持って取り組んでいた
B:おおむね、仕事に関連する時事問題については知っていた
C:仕事に関連する時事問題については無関心で理解していなかった

⑤自らの専門分野における技術的問題について、それらの研究又は開発によってもたらされる地域社会や生産活動への影響を認識している。

A:自身の携わる技術が、社会に与えるメリット、デメリット等の影響を考えていた
B:自身の携わる技術がどのように社会と関わり影響しているか、おおむね認識していた
C:自身の携わる技術と社会との関わりに関しては無関心であり、ほとんど理解していなかった

⑥技術分野の環境面又は法的な時事問題について自らの仕事に関連づけて理解している。

A:関連する時事問題については、自らの仕事の中で起きうるケースを想定して認識し、対処方法なども考えていた
B:関連する時事問題については、自らの仕事の中で起きるケースを想定して認識していた
C:関連する時事問題については、無関心でありほとんど理解していなかった

⑦安全・環境の観点から製品の開発・設計に求められる必要最低基準を理解している。

A:求められる必要最低基準を細かいところまで理解していた
B:求められる必要最低基準をおおむね理解していた
C:基本的な部分も理解していないことがあり、指導が必要であった