「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備!

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

経営コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

金型プレス加工業 品質管理部門

1.安全衛生及び諸ルールの遵守

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①会社や工場の定める安全規程の内容を正しく理解し、これに反する行動は行っていない。

A:十分に理解し、常に率先垂範して行動していた
B:全般的に理解し、行動していた
C:理解が足りず、行動にもミスが目立っていた

②環境問題に対する意識をもち、廃液・廃棄物の処理やリサイクル・分別収集など、ルールに則った行動をとっている。

A:環境に対する意識が高く、資材を無駄にしないなどの省資エネ、省資源に配慮した行動をとっていた
B:環境に対する意識を持ち、廃棄物の分別などのルールを守っていた
C:環境への配慮が足りず、廃棄物の分別などのルールが守られていなかった

③事故防止のため心身の健康を自己管理している。

A:自ら体力の増進を心がけ、周囲の人々の健康管理も気遣っていた
B:健康には留意し、体調が悪い場合には確実に上司に報告していた
C:健康管理に無関心で、遅刻や欠勤がちで、目立つ報告も不十分であった

④作業場を常に整理するなど、危険を誘発する要因の除去に努めている。

A:整理整頓は十分にでき、職場全体の危険防止にも気を配っていた
B:整理整頓を心がけ、事故が起こらないようにしていた
C:整理整頓が不十分で、不安全な状況がみられた

⑤「多分大丈夫だろう」という意識ではなく、「ひょっとしたら事故が起きるかもしれない」という問題意識をもって、日頃から慎重に作業を行っている。

A:自らの仕事はもちろん、周りの人々にも注意を促すことができていた
B:注意力をもって作業を行っていた
B:特段の注意や指導は必要なかった
C:慎重さを欠く行動が度々みられた
C:事故につながる恐れがあり、注意を要することがあった