「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備!

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

経営コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

施設介護業 施設運営 3.人事・労務管理

3.人事・労務管理 レベル2

スタッフの人事・労務管理、人材育成、モチベーション向上等を行う能力

①人事管理の推進

○労働法令や介護保険施設における人員配置基準など、施設における人事・労務管理に必要な知識を学習し、身につけている。
○実務担当者として、人材採用に向けた諸手続(求人広告の作成、ハローワークとの調整等)や、スタッフの退職時の諸手続を適切に推進している。
○採用予定のスタッフとの事務的な連絡調整を適切に行っている。
○各部門の管理者とコミュニケーションをとり、人事考課シートの配布、回収、集約等の業務を効率的に行っている。
○給与、社会保険等の計算実務を正確に行っている。

②労務管理の推進

○賃金、労働時間、休憩、休日、夜勤・宿直、安全衛生など、労働法令を踏まえて施設内の各部門に助言を行っている。
○スタッフの勤務管理表を確認し、労務管理や安全衛生上問題がある場合には、上位者に相談して対応策を検討している。
○労働法令の改正を踏まえた社内規程の改訂を起案している。
○外国人スタッフが施設内で孤立することがないよう気を配り、必要な支援や働きかけを行うなど、適切な労務管理を推進している。(外国人スタッフが存在する施設の場合)
○施設内の各部門からの労務管理上の質問に的確に回答している。
○スタッフの福利厚生に関する事務手続きを的確に推進している。

③人材開発の推進

○スタッフの教育計画の起案や研修実施等の実務を推進している。
○施設内において、資格取得のための勉強会や研修を企画したり、その事務局として講師や会場を確保したりするなど、能力開発に向けた現場支援を行っている。
○スタッフからのキャリア上の相談に快く応じ、必要な場合には上位者の助言も得ながら、問題解決をサポートしている。

●必要な知識

1. 労務管理に関する基本的知識
・労働契約と就業規則
・賃金
・労働時間、休憩、休日
- 夜勤・宿直の取扱い
・社会保険、労働保険
・労働三法(労働基準法、労働組合法、労働関係調整法)及びその他労働関係法令(パートタイム労働法等)
・労働安全衛生、健康管理
2.人事管理に関する知識
・介護保険施設における人員配置基準
・採用と試用期間
・教育訓練
・退職・解雇・懲戒
・人事考課
・資格等級制度
3.組織運営に関する知識
・自社の組織
・組織/部門のミッション
・マネジメントの役割
4.人材育成に関する知識
・OJT
・Off-JT
・自己啓発支援
・キャリア形成支援
・コーチング、メンタリング

3.人事・労務管理 レベル3

スタッフの人事・労務管理、人材育成、モチベーション向上等を行う能力

①計画策定

○労働法令や介護保険施設における人員配置基準など、施設における人事労務管理に必要な知識を学習し、身につけている。
○施設の利用者数やサービス提供内容等を考慮したうえで、施設の運営に支障が出ないように要員計画を立案している。
○要員計画に基づき、ケア部門、健康管理部門等の責任者と意見交換しながら、スタッフの採用計画を作成している。
○スタッフの勤務実績等を踏まえ、必要な要員を確保するためにパート・アルバイトの採用計画を作成している。
○スタッフの教育訓練に関するプログラムの企画、スケジュール計画を作成している。

②採用、退職管理

○施設の運営方針・理念に基づき、求める人材像を明確化している。
○求める人材を効果的に集めるために、募集媒体(求人広告、ハローワーク、口コミ等)に関する方針を戦略的に策定している。
○面接において、応募者が施設の求める要件を満たしているかを判断するための効果的な質問を行っている。
○上位者と意見交換しながら、応募者の採否判断を的確に行っている。
○退職者に対して退職理由を聴取するなど、離職率の改善に向けた取組を行っている。

③人事・労務管理の推進

○賃金、労働時間、休憩、休日、夜勤・宿直など、コンプライアンスの観点から適正な労務管理を実施している。
○スタッフの勤務管理表を確認し、労務管理や安全衛生上問題がある場合は現場責任者と相談して対応策を検討している。
○スタッフの健康状態に気を配り、定期健康診断等の立案・実行を適切に行っている。
○スタッフの適性と仕事振りを踏まえ、適材適所の視点から定期的に人事異動とローテーションを行っている。
○ケアスタッフ、健康管理スタッフ、外国人スタッフなど様々な職種や国籍のスタッフが、同じ職場で円滑に仕事ができるようモチベーション向上の工夫をしている。
○評価制度に基づき、定期的に人事評価を行い、各人の評価結果を昇給・昇格・賞与データに反映させている。
○スタッフの勤務形態・社員区分に応じて、勤怠管理を適切に行っている。

④人材開発の推進

○各部門の責任者と意見交換しながら、実効性のある教育計画を策定している。
○スタッフのスキルレベルを把握したうえで、仕事を通じて能力開発が図れるよう業務分担を工夫している。
○自施設におけるケアスタッフのキャリア・パスを策定している。
○施設内において、資格取得のための勉強会や研修を企画したり、資格取得支援制度を立案したりするなど、スタッフの自発的成長を促す環境を構築している。
○スタッフからの相談に快く応じ、真摯な姿勢で対応しながら問題解決をサポートしている。

●必要な知識

1. 労務管理に関する基本的知識
・労働契約と就業規則
・賃金
・労働時間、休憩、休日
- 夜勤・宿直の取扱い
・社会保険、労働保険
・労働三法(労働基準法、労働組合法、労働関係調整法)及びその他労働関係法令(パートタイム労働法等)
・労働安全衛生、健康管理
2.人事管理に関する知識
・介護保険施設における人員配置基準
・採用と試用期間
・教育訓練
・退職・解雇・懲戒
・人事考課
・資格等級制度
3.組織運営に関する知識
・自社の組織
・組織/部門のミッション
・マネジメントの役割
4.人材育成に関する知識
・OJT
・Off-JT
・自己啓発支援
・キャリア形成支援
・コーチング、メンタリング