「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備!

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

経営コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

施設介護業 相談・援助

職種:相談・援助  職務:相談・援助

【概要】

施設に入所している利用者やその家族等に対し、各種の相談・援助を実施する仕事。介護支援専門員(ケアマネジャー)や社会福祉士などの有資格者が担当するケースが多い。

【仕事の内容】

施設利用者のケアプランの作成や、介護や日常生活に関する相談・援助を行う仕事である。

利用者やその家族に対し、介護に関して専門的な立場からの助言を行ったり、利用者の自立支援等を目的とした生活指針・計画を立案、実行したりする仕事が含まれる。必要な場合には、利用者の人間関係上のトラブルの解決や、私生活に関する悩みの相談を行うこともある。このほか、入退所時の諸手続や契約関係業務、外部の関係機関との調整、クレーム対応等も相談・援助の仕事に含まれる。

一定の知識と経験が求められる仕事であるため、未経験者がこの仕事を担当する場合には、まずは上位者の指示・助言を受けながら、補助的な業務を行い、次第にスキルアップしていくのが通常である。

【求められる知識・経験】

(1)一般的には、介護支援専門員(ケアマネジャー)、社会福祉士等の有資格者がこの仕事を担当するケースが多く、資格保有が採用条件となることが多い。採用に当たって一定の実務経験が求められる場合もあるが、未経験者を採用し内部で育成するケースも少なくない。

(2)介護に関する専門的・実務的な知識が求められる。また、知識だけでなく、利用者や家族と良好な関係を維持しながら質の高い相談・援助を行うためには、高いコミュニケーション能力や問題解決能力が不可欠となる。

(3)利用者の個人情報や秘密に直接触れる仕事であり、秘密保持や個人情報保護など、高いコンプライアンス意識が求められる。

【関連する資格・検定等】

・介護支援専門員(ケアマネジャー)[都道府県が実施する試験に合格]

・社会福祉士 [国家資格:厚生労働省]

・社会福祉主事任用資格 [社会福祉法]

 など 

【厚生労働省編職業分類(小分類)との対応】

  161 福祉相談・指導専門員

  162 福祉施設指導専門員

169 その他の社会福祉の専門的職業