「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備の支援をさせて頂きます。

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

従業員教育コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

施設介護業 施設介護サービス 11.看取り介護

11.看取り介護 レベル1

利用者の尊厳を守った看取り介護を行う能力

①看取りの準備

○施設における看取りに関する理念、方針、指針等を把握している。
○看取りのケアプランについて理解している。
○看取り介護における環境整備について理解している。

②看取り介護

○看取り介護の具体的方法を把握し、医師の指示のもと、利用者の状況に応じて尊厳を守った対応を行っている。
○看取り期は日常生活の延長線上にあると捉え、日常ケアの充実を図っている。
○利用者、その家族と共に残された時間を大切にし、コミュニケーションを怠らないようにしている。
○利用者やその家族の状況、気持ち等を理解し、正確な情報を共有している。
○利用者の状態や家族の意向に合わせて、居室を整える等、環境整備を行っている。

③看取り介護の振り返り

○看取り介護の内容や利用者、家族の状況等について、チーム内で振り返りを行っている。

●必要な知識

1.介護保険法の知識
・介護保険の範囲内で行えるサービス、制約
2.ケアマネジメントに関する知識
・ケアマネジメントのしくみ、機関とその役割
・アセスメントとケアプラン
・介護計画
・職種間の連携
・フォーマル、インフォーマルサービス
3.サービスプロセス
4.介護職の倫理と職務
5.受け入れの際に確認すべき事項についての知識
6.サービス実施の手順や留意点についての知識
・入浴、食事、排泄、整容、水分摂取
・レクリエーション、アクティビティ、機能訓練
・看取り介護
7.モニタリングの意義
8.サービス担当者会議やケアカンファレンスの意義
9.観察、記録
10.ソーシャルワークに関する知識
11.障害と疾病に関する基礎知識
12.認知症に関する基礎知識
13.生活支援の理念
・QOL、自立支援、介護予防
14. 介護基本知識
・職務の理解、介護における尊厳の保持・自立支援、
介護の基本、介護・福祉サービスの理解と医療の連携、
介護におけるコミュニケーション技術、老化の理解、
認知症の理解、障害の理解、
こころとからだのしくみと生活支援技術、振り返り

11.看取り介護 レベル2

利用者の尊厳を守った看取り介護を行う能力

①看取りの準備

○看取りの段階について把握している。
○看取り介護におけるチームケアを理解し、他職種との連携を図っている。
○看取りのケアプランについて理解し、個別の状況を把握している。
○看取り期の連絡体制について把握している。
○利用者のADL、余命、告知・無告知の把握をしている。
○利用者・家族の看取りの場所の希望について把握している。
○利用者の痛みやその他の不快な身体症状の変化があった場合に備え、その際の対応についてあらかじめ医療機関または医療職と打合せをしている。

②看取り介護

○利用者の状況に応じて、きめ細かく食事、排泄、生活保持に関する介護を提供している。
○身体的、精神的緩和ケアについて理解し、安楽な体位を工夫する等の緩和ケアを行うとともに、利用者の痛みやその他の不快な身体症状の変化をとらえ、医療機関または医療職に連絡している。
○利用者の自己決定や家族の希望を最大限尊重している。
○利用者、および家族とコミュニケーションを十分にとり、質問や相談について適切に対応している。
○きめ細かく状態観察を行い、食事・水分摂取量を把握し、浮腫、尿量、排便量等をチェックして経過をきめ細かく記録している。
○利用者の状態の変化を正確に記録し、定期的カンファレンスに参加して他職種と情報を共有している。

③看取り介護の振り返り

○看取り介護の内容や利用者、家族の状況等について、チーム内で振り返りを行っている。

●必要な知識

1.介護保険法の知識
・介護保険の範囲内で行えるサービス、制約
2.ケアマネジメントに関する知識
・ケアマネジメントのしくみ、機関とその役割
・アセスメントとケアプラン
・介護計画
・職種間の連携
・フォーマル、インフォーマルサービス
3.サービスプロセス
4.介護職の倫理と職務
5.受け入れの際に確認すべき事項についての知識
6.サービス実施の手順や留意点についての知識
・入浴、食事、排泄、整容、水分摂取
・レクリエーション、アクティビティ、機能訓練
・看取り介護
7.モニタリングの意義
8.サービス担当者会議やケアカンファレンスの意義
9.観察、記録
10.ソーシャルワークに関する知識
11.障害と疾病に関する基礎知識
12.認知症に関する基礎知識
13.生活支援の理念
・QOL、自立支援、介護予防
14. 介護基本知識
・職務の理解、介護における尊厳の保持・自立支援、
介護の基本、介護・福祉サービスの理解と医療の連携、
介護におけるコミュニケーション技術、老化の理解、
認知症の理解、障害の理解、
こころとからだのしくみと生活支援技術、振り返り

11.看取り介護 レベル3

利用者の尊厳を守った看取り介護を行う能力

①看取りの準備

○看取りの段階について把握している。
○看取り介護におけるチームケアを理解し、他職種との連携を図っている。
○看取りのケアプランについて理解し、個別の状況を把握している。
○看取り期の連絡体制について把握している。
○利用者のADL、余命、告知・無告知の把握をしている。
○利用者・家族の看取りの場所の希望について把握している。
○利用者の痛みやその他の不快な身体症状の変化があった場合に備え、その際の対応についてあらかじめ医療機関または医療職と打合せをしている。
○看取りの準備について、下位者に適切な指示や指導を行っている。

②看取り介護

○利用者の状況に応じて、きめ細かく食事、排泄、生活保持に関する介護を提供している。
○身体的、精神的緩和ケアについて理解し、安楽な体位を工夫する等の緩和ケアを行うとともに、利用者の痛みやその他の不快な身体症状の変化をとらえ、医療機関または医療職に連絡している。
○利用者の自己決定や家族の希望を最大限尊重している。
○利用者、および家族とコミュニケーションを十分にとり、質問や相談について適切に対応している。
○きめ細かく状態観察を行い、食事・水分摂取量を把握し、浮腫、尿量、排便量等をチェックして経過をきめ細かく記録している。
○利用者の状態の変化を正確に記録し、定期的カンファレンスに参加して他職種と情報を共有している。
○看取り介護について、下位者に適切な指示や指導を行っている。

③看取り介護の振り返り

○定期的に看取り介護の実施状況や他施設事例等を確認し、全体としての検証を行い、次の介護に生かしている。
○看取り介護の振り返りについて、下位者に適切な指示や指導を行っている。

●必要な知識

1.介護保険法の知識
・介護保険の範囲内で行えるサービス、制約
2.ケアマネジメントに関する知識
・ケアマネジメントのしくみ、機関とその役割
・アセスメントとケアプラン
・介護計画
・職種間の連携
・フォーマル、インフォーマルサービス
3.サービスプロセス
4.介護職の倫理と職務
5.受け入れの際に確認すべき事項についての知識
6.サービス実施の手順や留意点についての知識
・入浴、食事、排泄、整容、水分摂取
・レクリエーション、アクティビティ、機能訓練
・看取り介護
7.モニタリングの意義
8.サービス担当者会議やケアカンファレンスの意義
9.観察、記録
10.ソーシャルワークに関する知識
11.障害と疾病に関する基礎知識
12.認知症に関する基礎知識
13.生活支援の理念
・QOL、自立支援、介護予防
14. 介護応用知識
・人間と社会 (人間の尊厳と自立、人間関係と
コミュニケーション、 社会の理解)
・介護 (介護の基本、コミュニケーション技術、生活支援
技術、介護過程)
・こころとからだのしくみ (発達と老化の理解、認知症の
理解、こころとからだのしくみ)