「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備!

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

経営コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

施設介護業 相談・援助 2.生活相談

2.生活相談 レベル1

利用者への生活相談、関係機関との調整等を的確に遂行する能力

①基本情報の把握

○利用者の家族構成や介護・医療ニーズについて、基本事項を一通り把握している。
○あらかじめ利用者のケアプランや介護経過記録を熟読し、不明点は上位者に確認している。
○的確な生活相談の実施に向けて、利用者や家族と十分なコミュニケーションをとっている。

②相談援助

○上位者の指示・助言を踏まえ、利用者の生活プログラムの作成、日常生活のサポート等を的確に推進している。
○決められた方針に基づき、施設での生活に関する家族への情報提供、連絡調整等を定期的に行っている。
○介護や生活上の問題について、利用者の相談を真摯に受け止め、上位者と相談しながら適切な助言を行っている。
○難しい生活相談を受けた場合には、自分で抱え込んだり不正確な情報提供を行ったりすることなく、上位者に報告・連絡・相談して問題を解決している。
○生活相談を行ううえで、守秘義務など職務遂行上の倫理を必ず守っている。

●必要な知識

1.介護保険法の知識
・介護保険法の財源構成と保険料負担の概要
・代表的なサービスの種類と内容
・介護保険の範囲内で行えるサービス、制約
2.その他の制度・施策の知識
・生活保護
・地域福祉施策
・高齢者虐待防止法、権利擁護制度等の制度・施策
・社会福祉士、社会福祉主事任用資格等の関連資格・制度
3.ケアマネジメントに関する知識
4.介護職の倫理と職務
5.サービス実施の手順、留意点についての知識
6.モニタリングの意義、方法についての知識
7.各種カンファレンスの意義、方法についての知識
8.観察・記録の意義と技術についての知識
9.ケアワークにおけるソーシャルワークについての知識
10.障害と疾病についての知識
11.認知症に関する知識
12.医療と看護についての知識
13.生活支援の理念

2.生活相談 レベル2

利用者への生活相談、関係機関との調整等を的確に遂行する能力

①基本情報の把握

○利用者一人ひとりの家族構成や介護・医療ニーズについて、基本事項を一通り把握している。
○利用者のケアプランや介護経過記録の内容を把握している。
○施設内の利用者とコミュニケーションをとり、一人ひとりの価値観や基本的なものの考え方について、理解している。

②相談援助

○利用者個々人の問題やニーズを分析し、利用者が衣服の着脱や食事、入浴などの日常生活ができるようになるためのプログラムを的確に作成している。
○施設利用者の快適性に配慮しながら、生活プログラムの作成、日常生活のサポート等を的確に推進している。
○施設での生活について、家族への情報提供、連絡調整等を定期的に行い、家族の不安を解消している。
○生活相談を行ううえで、守秘義務など職務遂行上の倫理を必ず守っている。

●必要な知識

1.介護保険法の知識
・介護保険法の財源構成と保険料負担の概要
・代表的なサービスの種類と内容
・介護保険の範囲内で行えるサービス、制約
2.その他の制度・施策の知識
・生活保護
・地域福祉施策
・高齢者虐待防止法、権利擁護制度等の制度・施策
・社会福祉士、社会福祉主事任用資格等の関連資格・制度
3.ケアマネジメントに関する知識
4.介護職の倫理と職務
5.サービス実施の手順、留意点についての知識
6.モニタリングの意義、方法についての知識
7.各種カンファレンスの意義、方法についての知識
8.観察・記録の意義と技術についての知識
9.ケアワークにおけるソーシャルワークについての知識
10.障害と疾病についての知識
11.認知症に関する知識
12.医療と看護についての知識
13.生活支援の理念

2.生活相談 レベル3

利用者への生活相談、関係機関との調整等を的確に遂行する能力

①基本情報の把握

○利用者一人ひとりの家族構成や介護・医療ニーズについて、基本事項を一通り把握している。
○利用者のケアプランや介護経過記録の内容を把握している。
○施設内の利用者とコミュニケーションをとり、一人ひとりの価値観や基本的なものの考え方について、理解している。
○生活相談に必要な基本情報の把握について、下位者に指導・助言を行っている。

②相談援助

○あまり前例がなく難易度が極めて高いケースについても、利用者個々人の問題やニーズを分析し、実効性のある生活プログラムの作成を行っている。
○様々なケースへの対応経験を踏まえ、施設利用者の快適性に配慮しながら、日常生活のサポートを推進している。
○施設での生活について、必要かつ十分な情報をタイミングよく家族に提供することで、不安を解消している。
○介護や生活上の問題だけでなく、施設内における人間関係や将来の不安等についても快く相談に乗り、状況に応じて的確なアドバイスを行っている。
○生活相談について、下位者からの質問や相談に応え、的確な相談・援助が行えるようサポートしている。
○生活相談を行ううえで、守秘義務など職務遂行上の倫理を必ず守るとともに、下位者にも指導を行っている。

●必要な知識

1.介護保険法の知識
・介護保険法の財源構成と保険料負担の概要
・代表的なサービスの種類と内容
・介護保険の範囲内で行えるサービス、制約
2.その他の制度・施策の知識
・生活保護
・地域福祉施策
・高齢者虐待防止法、権利擁護制度等の制度・施策
・社会福祉士、社会福祉主事任用資格等の関連資格・制度
3.ケアマネジメントに関する知識
4.介護職の倫理と職務
5.サービス実施の手順、留意点についての知識
6.モニタリングの意義、方法についての知識
7.各種カンファレンスの意義、方法についての知識
8.観察・記録の意義と技術についての知識
9.ケアワークにおけるソーシャルワークについての知識
10.障害と疾病についての知識
11.認知症に関する知識
12.医療と看護についての知識
13.生活支援の理念