「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備!

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

経営コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

卸売業(食品・菓子・雑貨等) 全職務共通4.予算策定とコストのマネジメント

4.予算策定とコストのマネジメント レベル3

担当組織の予算策定や経費管理など、資金面での経営資源を適切にマネジメントする能力

①予算の策定

○企業の事業構造、収益構造、財務状況、予算策定プロセス、担当組織に期待されている役割等を正しく把握している。
○予算に関する上位目標を踏まえ、担当組織の業務遂行に必要な予算案を取りまとめている。
○社内他部門、上司、顧客・取引先、団体・協会などのステークホルダーとの交渉を行い、必要な契約をまとめ上げたり予算面での協力を引き出したりしている。
○組織内の業務内容や作業スケジュールをきめ細かく検討し、過大でも過小でもない適正な予算案の策定を行っている。

②コスト管理の推進

○業務の進捗状況とこれに対応した経費の支出状況を常時把握している。
○月次決算等により予算と実績の差が判明した場合には、その原因を解明し、原価維持や支出削除等の対策を講じている。
○交際費、出張旅費等の経費支出が適正か否かをチェックし、問題があれば優先順位を判断しながら対応策を講じている。

③評価と検証

○数値化できる部分については、組織目標の成果を費用対効果の面から可能な限り客観的に評価している。
○当期の経費支出状況を検討し、無駄な支出や非効率な支出がないか分析して次期に向けた改善策を講じている。

●必要な知識

1.予算策定と管理の知識
・予算生産法の知識
ボトム・アップ方式
トップ・ダウン方式 など
・予算見積と管理のスキル
WBSによる見積
PERTによるコスト管理 など
2.財務諸表の読み方に関する知識
・損益計算書
・貸借対照表
・キャッシュフロー計算書
3.管理会計の知識
・各種効率性の指標の知識(ROA、ROE等)
・損益分岐点分析
・コスト分析(ABC分析等)

4.予算策定とコストのマネジメント レベル4

部門の予算策定や経費管理など、資金面での経営資源を適切にマネジメントする能力

①予算の策定

○会社の財務状況、過去の予算・決算状況を勘案しながら、担当部門における予算総額及び予算策定方針を決断し、部門内への浸透を図っている。
○部内各組織(課など)の業務内容を正確に把握し、資金配分の優先順位を部門戦略と関連づけながら慎重に検討し、意思決定を行っている。
○社内トップマネジメント、社内他部門、顧客・取引先、団体・協会など、利害関係が複雑に入り組んだステークホルダーとの交渉をまとめ上げ、予算など部門戦略の実現に必要な協力を最大限引き出している。

②コスト管理の推進

○部門内で同時並行的に進められている複数の業務やプロジェクトの全体的な経費支出動向を常時把握し、問題が発生する前に先手を打って対策を指示している。
○中長期的なコスト低減を常に念頭に置きながら、仕事の進め方そのものの見直しを行っている。
○ファシリティ・コストなど間接経費低減を常に考慮し、非効率なオフィス利用の改善を図るなど具体的対策を行っている。

③評価と検証

○可能な場合には、部門全体の投資効率をROIなどの指標を用いて適正に評価している。
○自部門の成果が会社利益全体にどれだけの貢献を行ったかを検証し、次期に向けた対応策を講じている。

●必要な知識

1.予算策定と管理の知識
・予算生産法の知識
ボトム・アップ方式
トップ・ダウン方式 など
・予算見積と管理のスキル
WBSによる見積
PERTによるコスト管理 など
2.財務諸表の読み方に関する知識
・損益計算書
・貸借対照表
・キャッシュフロー計算書
3.管理会計の知識
・各種効率性の指標の知識(ROA、ROE等)
・損益分岐点分析
・コスト分析(ABC分析等)