「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備!

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

経営コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

卸売業(食品・菓子・雑貨等) メーカー・サービス レベル:一括印刷用

職種:メーカー・サービス 職務:メーカー・サービス・マネジメント

【概要】

 メーカーに対して行うサービス全般をマネジメントする仕事。 

【仕事の内容】

メーカー・サービス・マネジメントの仕事は、大別すると以下のとおりである。

①サービス内容の決定:メーカーが必要とするサービスの内容全般を把握し、その中で、自社が提供できるサービスは何か、どのサービスを提供するか検討・決定する。

②サービスにかけるコストの管理:サービスにかかるコスト(従業員・資材等)を適切にマネジメントする。

③進捗状況の管理:サービス提供にあたり、その進捗状況をマネジメントする。

④評価:行ったサービスをその実現率や効率性、メーカーからの評価等をもとに評価する。 

【求められる経験・能力】

(1)メーカーが必要とするサービスを的確に把握したうえで、計画を立案、実行していかなくてはならない。また、対外折衝において高い交渉力や素早い判断力・決断力が求められる。

(2)顧客のニーズに対応した商品を提供するため、幅広く情報を収集する情報探求力と、情報を的確に分析する能力が求められる。また、企画書や調査結果報告書作成のため、OAスキルは必須である。

(3)従業員と協力・連携し、従業員満足を高めることができるよう組織と人をマネジメントする能力が求められる。

(4)予算の策定と管理を行い、それらを効率的に遂行する高い能力が求められる。 

【関連する資格・検定等】

・販売士検定(日本商工会議所)

・スーパーマーケット検定(S検)((社)全国スーパーマーケット協会) 

・消費生活アドバイザー((財)日本産業協会) 

・消費生活コンサルタント((財)日本消費者協会) 

【労働省職業分類(小分類)との対応】

231 会社の管理職員、252 企画・調査事務員

職種:メーカー・サービス 職務:商品開発支援

【概要】

 メーカーのNB(ナショナルブランド)商品の開発を支援する仕事 

【仕事の内容】

商品開発支援の仕事は、大別すると以下のとおりである。

①市場動向等の把握:メーカーが販売予定の商品について、その関連商品の動向や、とりまく環境等の情報を収集・整理する。

②NB商品の企画・開発:NB商品の企画・開発を支援する。

③NB商品の販売動向の調査:発売されたNB商品の販売動向を把握し、メーカーにフィードバックする。

④評価:発売されたNB商品の評価に関する情報を収集・提供し、メーカーにフィードバックする。 

【求められる経験・能力】

(1)新卒採用の場合、大学や専門学校で、商業や流通、あるいは特定の商品に関する専門知識を学習している場合と学習していない場合が考えられる。後者の場合、入社後はOJTまたは専門教育・自習などにより速やかに専門知識・技術を身につける必要がある。中途採用の場合は、当該業務の経験と専門知識が必要である。

(2)商品に関する専門知識(商品の種類、品質、顧客ターゲット、売上動向、新商品情報など)をはじめ、市場調査・マーケティングに関する専門知識、消費者問題に関する知識などが求められる。

(3)市場調査を行う場合、調査結果を的確に分析する能力が必要である。さらに、取引先と十分に議論し、企画立案・実行していかなくてはならないことから、高いコミュニケーション能力と対人スキルが要求される。また、企画書や調査結果報告書作成のため、OAスキルは必須である。 

【関連する資格・検定等】

・販売士検定(日本商工会議所) 

・スーパーマーケット検定(S検)((社)全国スーパーマーケット協会) 

・消費生活アドバイザー((財)日本産業協会) 

・消費生活コンサルタント((財)日本消費者協会) 

【労働省職業分類(小分類)との対応】

252 企画・調査事務員

職種:メーカー・サービス 職務:メーカーの販売支援

【概要】

メーカーが自社商品を販売する際、各種支援を行う仕事

【仕事の内容】

メーカーの販売支援の仕事は、大別すると以下のとおりである。

①支援内容の決定:メーカーが自社商品を販売する際、どのような支援を必要としているか、その中で自社が提供できる支援は何か、どの支援を提供するか検討・決定する。

②支援にかけるコストの管理:各支援にかかるコスト(従業員・資材等)を適切にマネジメントする。

③支援の実施:①で策定した支援内容に沿って支援する。

④評価:提供した支援を、その実現率や効率性、メーカーからの評価等をもとに評価する。 

【求められる経験・能力】

(1)新卒採用の場合、大学や専門学校で、商業や流通、あるいは特定の商品に関する専門知識を学習している場合と学習していない場合が考えられる。後者の場合、入社後はOJTまたは専門教育・自習などにより速やかに専門知識・技術を身につける必要がある。中途採用の場合は、当該業務の経験と専門知識が必要である。

(2)商品に関する専門知識(商品の種類、品質、顧客ターゲット、売上動向、新商品情報など)をはじめ、市場調査・マーケティングに関する専門知識、消費者問題に関する知識、小売業の店頭業務全般に関する知識が求められる。

(3)市場調査を行う場合、調査結果を的確に分析する能力が必要である。さらに、取引先と十分に議論し、企画立案・実行していかなくてはならないことから、高いコミュニケーション能力と対人スキルが要求される。また、企画書や調査結果報告書作成のため、OAスキルは必須である。 

【関連する資格・検定等】

・販売士検定(日本商工会議所) 

・スーパーマーケット検定(S検)((社)全国スーパーマーケット協会) 

・消費生活アドバイザー((財)日本産業協会) 

・消費生活コンサルタント((財)日本消費者協会) 

【労働省職業分類(小分類)との対応】

252 企画・調査事務員

職種:メーカー・サービス 職務:メーカーの経営支援

【概要】

 メーカーが必要とする各種様々な経営支援を行う仕事 

【仕事の内容】

メーカーの経営支援の仕事は、大別すると以下のとおりである。

①支援内容の決定:メーカーがどのような経営支援を必要としているか、その中で自社が提供できる経営支援は何か、どの経営支援を提供するか検討・決定する。

②経営支援にかけるコストの管理:経営支援にかかるコスト(従業員・資材等)を適切にマネジメントする。

③支援の実施:①で策定した支援内容に沿って支援する。

④評価:行った経営支援をその実現率や効率性、メーカーからの評価等をもとに評価する。 

【求められる経験・能力】

(1)新卒採用の場合、大学や専門学校で、商業や流通、あるいは特定の商品に関する専門知識を学習している場合と学習していない場合が考えられる。後者の場合、入社後はOJTまたは専門教育・自習などにより速やかに専門知識・技術を身につける必要がある。中途採用の場合は、当該業務の経験と専門知識が必要である。

(2)調査・マーケティングに関する専門知識をはじめ、メーカーの情報戦略の立案、システム設計・運営などをサポートする場合は、情報システムに関する専門知識が必要である。

(3)市場調査を行う場合、調査結果を的確に分析する能力が必要である。さらに、取引先と十分に議論し、企画立案・実行していかなくてはならないことから、高いコミュニケーション能力と対人スキルが要求される。OAスキル、情報システムに関する知識は必須である。 

【関連する資格・検定等】

・販売士検定(日本商工会議所) 

・スーパーマーケット検定(S検)((社)全国スーパーマーケット協会) 

・消費生活アドバイザー((財)日本産業協会) 

・消費生活コンサルタント((財)日本消費者協会) 

情報処理技術者試験(独立行政法人情報処理推進機構) 

【労働省職業分類(小分類)との対応】

252 企画・調査事務員

1.メーカー・サービス・マネジメント レベル3 レベル4

「商品開発支援」「メーカーの販売支援」「メーカーの経営支援」を統括する能力

①サービス内容の決定

○当該メーカーに提供している機能について、その全体像及び基本的枠組みを理解している。
○当該メーカーの商品戦略、販売戦略などについて熟知している。
○競合他社と比較した場合の自社の強み及び弱みを理解している。
○自社担当者に明確なビジョンを提示し、目標達成までの道筋を示している。
○収集した情報をもとに、自社が提供できるサービスについて検討・決定している。

②サービスにかけるコストと進捗状況の管理

○提供する各メーカーサポート間の調整を行っている。
○メーカーサービスに関連する自社の他部署(物流部、リテールサービス部など)や、当該メーカーとの調整を図っている。
○メーカーサービスの提供にあたり、コストが適切であるか判断している。
○提供するメーカーサービスのサービスレベルを管理している。
○メーカーサービスの提供にあたり、その進捗状況をマネジメントしている。

③成果の確認

○メーカーサービス業務がどのように実現されたかを把握している。
○担当業務に関する問題点や改善点について部下と相談したうえで、業務のやり方を定期的に見直している。
○提案するメーカーサービス業務の全般的かつ個別的ニーズ、及びそれに対して行った業務内容等を記録している。
○今後への課題や、早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している(次回申し送り事項として考慮)。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化

2.NB商品の企画・開発に関する支援 レベル1

商品開発に関する最新情報を収集・分析し、商品企画・開発に対する支援を行う能力

①メーカーの商品力と顧客ニーズの把握

○日頃から新製品に対し、広く興味・関心をもっている。
○当該メーカーの商品と競合他社との商品の比較を行っている。
○商品開発過程を理解している。
○消費者ニーズや要望・欲求を理解するために必要なリサーチ・調査を行っている。

②商品開発に向けたコンセプトメイキングとプレゼンテーション

○当該メーカーの商品に対し、市場調査や顧客分析等の結果に基づき、改善の必要がないかどうかを検討している。
○当該メーカーの商品の改善点を認識している。
○当該メーカーへのプレゼンテーション資料作成を補助している。

③成果の確認

○提案した商品企画がどのように実現されたかを把握している。
○提案内容が不適切だった場合、改善点について検討・把握している。
○担当業務に関する問題点や改善点について上司に相談したうえで、企画内容や業務プロセスの見直しを定期的に実施している。
○今後の課題や早急に習熟すべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化
6.商品開発に関する知識
・生産に関する知識
・企画、開発に関する知識

2.NB商品の企画・開発に関する支援 レベル2

商品開発に関する最新情報を収集・分析し、商品企画・開発に対する支援を行う能力

①メーカーの商品力と顧客ニーズの把握

○日頃から新製品に対し、広く興味・関心をもっている。
○消費者ニーズや要望・欲求を理解するために必要なリサーチ・調査を行っている。
○小売業から売れ筋商品情報の収集を定期的に行っている。
○当該メーカーの商品が抱える問題点や課題に対し問題意識を持ち、自分なりに問題分析や解決に向けた洞察を行っている。

②商品開発に向けたコンセプトメイキングとプレゼンテーション

○当該メーカーの商品に対し、市場調査や顧客分析等の結果に基づき、改善の必要がないかどうかを検討している。
○当該メーカーの商品の改善点を認識している。
○妥当性・信頼性・実効性の観点からレポートを作成し、商品開発コンセプトについてメーカー担当者にプレゼンテーションを行っている。
○当該メーカーの担当者とともに、商品企画について議論を重ねている。

③成果の確認

○提案した商品企画がどのように実現されたかを把握している。
○提案内容が不適切だった場合、改善点について検討・把握している。
○担当業務に関する問題点や改善点について上司に相談したうえで、企画内容や業務プロセスの見直しを定期的に実施している。
○今後の課題や早急に習熟すべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化
6.商品開発に関する知識
・生産に関する知識
・企画、開発に関する知識

3.販売先の開拓・維持 レベル1

販売促進を実務的に計画・実施するとともに、新たな販売先小売業を開拓していく能力

①販促計画及び新規顧客開拓の立案

○当該メーカーの販売先小売業の商圏情報(年間行事・地域催事及び競合店動向など)を把握している。
○当該メーカーの販売先小売業の店舗別、品目別の販売動向を年間を通して把握している。
○当該メーカーの販売先小売業の催事やキャンペーンの実施計画を把握している。
○当該メーカーの販売先の新規開拓のため、新規出店計画・情報を収集している。
○各種情報をもとに、プロモーションの内容と機能を把握した上で、販促計画を立案している。

②販売促進と新規顧客開拓の実施

○当該メーカーの販売先小売業の販売動向に応じた商品提案・価格提案をしている。
○当該メーカーの販売先小売業の売場レイアウトに応じた陳列方法、什器などを提案している。
○当該メーカーの販売先小売業担当者のニーズを把握・整理している。
○妥当性・信頼性・実効性の観点からレポートを作成し、商品開発コンセプトについてメーカー担当者にプレゼンテーションを行っている。
○当該メーカーの担当者とともに、商品企画について議論を重ねている。

③成果の確認

○プロモーションが売上・利益に与えた影響について、評価・分析している。
○プロモーションが不適切だった場合、改善点について具体的に列挙している。
○担当業務に関する問題点や改善点について上司に相談したうえで、企画内容や業務プロセスの見直しを定期的に実施している。
○今後の課題や早急に習熟すべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化
6.チャネル戦略に関する知識

3.販売先の開拓・維持 レベル2

販売促進を実務的に計画・実施するとともに、新たな販売先小売業を開拓していく能力

①販促計画及び新規顧客開拓の立案

○当該メーカーの販売先小売業の商圏情報(年間行事・地域催事及び競合店動向など)を把握している。
○当該メーカーの販売先小売業の店舗別、品目別の販売動向を年間を通して把握している。
○当該メーカーの販売先小売業の催事やキャンペーンの実施計画を把握している。
○当該メーカーの販売先の新規開拓のため、新規出店計画・情報を収集している。
○各種情報をもとに、プロモーションの内容と機能を把握した上で、販促計画を立案し、プレゼンテーションしている。

②販売促進と新規顧客開拓の実施

○当該メーカーの販売先小売業の販売動向に応じた商品提案・価格提案をしている。
○当該メーカーの販売先小売業の売場レイアウトに応じた陳列方法、什器などを提案している。
○当該メーカーの販売先小売業担当者のニーズを把握・整理し、メーカーにフィードバックしている。

③成果の確認

○プロモーションが売上・利益に与えた影響について、評価・分析し、客観的に見直している。
○プロモーションが不適切だった場合、改善点について具体的に列挙している。
○担当業務に関する問題点や改善点について上司に相談したうえで、企画内容や業務プロセスの見直しを定期的に実施している。
○当該メーカーの担当者ならびに販売先小売業担当者と連携して、今後の販促計画や改善点について検討している。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化
6.チャネル戦略に関する知識

4.各種情報の提供 レベル1

メーカーが円滑かつ効率的に業務を推進するうえで、必要とされる各種情報の提供を行う能力

①メーカーの戦略の理解と把握

○当該メーカーが必要としている情報を把握している。
○必要とされる情報が、どのような施策に活用されるのか理解している。
○必要とされる情報の概要と入手方法を把握している。
○最新の情報を提供するため、メーカー担当者と綿密なコミュニケーションをとっている。
○最新の情報を入手するため、小売業担当者を定期的に訪問している。

②各種情報の提供

○計画に則り、当該メーカーが必要とする情報(市場情報、商品情報、売れ筋情報等)を定期的に提供している。
○当該メーカーのニーズに合わせ、情報を整理・加工している。

③各種情報の活用状況の確認と次回へのフィードバック

○当該メーカーに提供した情報が適切であったか担当者にヒアリングしている。
○提供した各種情報が、当該メーカーにおいてどのように活用されているかを把握している。
○提供した情報について、改善点がなかったか自己評価している。
○今後の課題や早急に習熟すべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化

4.各種情報の提供 レベル2

メーカーが円滑かつ効率的に業務を推進するうえで、必要とされる各種情報の提供を行う能力

①メーカーの戦略の理解と把握

○当該メーカーが必要としている情報を把握している。
○必要とされる情報が、どのような施策に活用されるのか理解している。
○必要とされる情報の概要と入手方法を把握している。
○最新の情報を提供するため、メーカー担当者と綿密なコミュニケーションをとっている。
○最新の情報を入手するため、小売業担当者を定期的に訪問している。

②各種情報の提供

○計画に則り、当該メーカーが必要とする情報(市場情報、商品情報、売れ筋情報等)を定期的に提供している。
○当該メーカーのニーズに合わせ、情報を整理・加工したものを、プレゼンテーションしている。

③各種情報の活用状況の確認と次回へのフィードバック

○当該メーカーに提供した情報が適切であったか担当者にヒアリングしている。
○提供した各種情報が当該メーカーにおいてどのように活用されているかを把握している。
○提供した情報について見直し、改善点などを提案している。
○今後の課題や早急に習熟すべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化

5.マーチャンダイジングに関する支援 レベル1

メーカーのマーチャンダイジング戦略を踏まえ、それを実行するために的確なサポートをする能力

①メーカーのマーチャンダイジング戦略の理解と現状の把握

○当該メーカーのマーチャンダイジング戦略を把握・理解している。
○当該メーカーに対し、自社がどのような支援策を提案しているか理解している。
○当該メーカーのマーチャンダイジング戦略について、問題意識をもち、改善点がないか検討している。
○当該メーカーのマーチャンダイジング戦略立案にあたり、必要な情報の収集に努めている。

②各種支援の実施

○計画に則って、当該メーカーに望ましいプロモーションを提案している。
○計画に則って、当該メーカーに望ましい価格戦略を提案している。

③成果の確認及び次回へのフィードバック

○当該メーカーのプロモーションが適切であったか、小売業にヒアリングしている。
○当該メーカーに対し、適切な支援を行うことができたか自己評価している。
○マーチャンダイジング戦略が売上・利益等に与えた影響について、データを収集・分析している。
○今後の課題や早急に習熟しておくべきノウハウを記録している。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化
6.マーチャンダイジングに関する知識
・品揃えに関する知識
・仕入計画と販売計画の立案
・商品管理 など

5.マーチャンダイジングに関する支援 レベル2

メーカーのマーチャンダイジング戦略を踏まえ、それを実行するために的確なサポートをする能力

①メーカーのマーチャンダイジング戦略の理解と現状の把握

○当該メーカーのマーチャンダイジング戦略を把握・理解している。
○当該メーカーに対し、自社がどのような支援策を提案しているか理解している。
○当該メーカーのマーチャンダイジング戦略について、問題意識をもち、改善点がないか検討している。
○当該メーカーのマーチャンダイジング戦略立案にあたり、必要な情報の収集に努めている。
○マーチャンダイジングに関する支援を行ううえで、不明の点があれば先方の担当者に質問し、解決している。

②各種支援の実施

○計画に則って、当該メーカーに望ましいプロモーションを提案している。
○計画に則って、当該メーカーに望ましい価格戦略を提案している。
○売れ筋情報をもとに、品揃え提案をしている。

③成果の確認及び次回へのフィードバック

○当該メーカーのプロモーションが適切であったか、小売業にヒアリングしている。
○当該メーカーに対し、適切な支援を行うことができたか自己評価している。
○マーチャンダイジング戦略が売上・利益等に与えた影響について、データを収集・分析している。
○今後の課題や早急に習熟しておくべきノウハウを記録している。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化
6.マーチャンダイジングに関する知識
・品揃えに関する知識
・仕入計画と販売計画の立案
・商品管理 など

6.各種情報システムの設計・運営に関する支援 レベル1

メーカーの情報戦略の立案、システム設計の作成や運営など情報システムに関わるサポートをする能力

①情報システムに関する基礎知識の習得とメーカーにおける情報システムに対するニーズの把握

○データベース、ネットワークなど情報システム業務に必要な基礎知識を習得している。
○情報システムに関する業務について上司から指導を受け、作業手順や課題について理解している。
○情報システムの日常業務について正しく理解したうえで、円滑な職務を遂行している。
○最新の情報技術の動向について情報収集に努めている。
○当該メーカーにおける情報システムに関するニーズについて把握している。

②情報システムの設計と運営

○システム開発に当たり、上司の指示に基づき効率的に業務を推進している。
○仕様書に従って、プログラムの作成や担当業務を遂行している。
○システムの開発に当たり、問題が生じた場合は、個人の判断で進めることなく、必ず上司に相談した上で解決している。

③成果の確認と次回へのフィードバック

○システム開発に関する報告書を定期的に提出している。
○担当業務に関して、問題点や改善点がないか自己評価を行っている。
○業務遂行上、疑問点や不明点があった場合は、上司に相談し、以後の業務に反映している。
○今後の課題や早急に習熟すべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化
6.情報システムに関する知識
・情報処理システムの基礎
・データベース
・ネットワーク概要
・情報通信の基礎
・その他最新技術の動向

6.各種情報システムの設計・運営に関する支援 レベル2

メーカーの情報戦略の立案、システム設計の作成や運営など情報システムに関わるサポートをする能力

①メーカーにおける情報システムに対するニーズの把握

○最新の情報技術の動向について情報収集に努めている。
○当該メーカーの経営戦略、情報化計画などを理解している。
○当該メーカーの情報システムに関するニーズについて、メーカー側の担当者と情報交換し、よく把握している。
○システム開発に当たり、自己の意見を積極的に提案している。
○システム開発に当たり、作業計画の立案を効率的に行っている。

②情報システムの設計と運営

○メーカーの業務システム分析を的確に行い、正確な現状認識のもとにシステム設計に関するサポートを行っている。
○メーカー担当者と連携して、システム設計やプログラム作成のサポートをしている。
○部下や後輩に対し的確な指示を与えながら、業務を推進している。

③成果の確認と次回へのフィードバック

○システムの効果・性能の評価を行い、メーカーに対し改善提案を行っている。
○システム開発業務の達成状況について自己評価している。
○現状の情報システムに関して、改善提案をしている。
○今後の課題や早急に習熟すべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化
6.情報システムに関する知識
・情報処理システムの基礎
・データベース
・ネットワーク概要
・情報通信の基礎
・その他最新技術の動向

6.各種情報システムの設計・運営に関する支援 レベル3

メーカーの情報戦略の立案、システム設計の作成や運営など情報システムに関わるサポートをする能力

①メーカーにおける情報システムに対するニーズの把握

○当該メーカーの経営戦略、情報化計画などを熟知している。
○当該メーカーの情報システムに関するニーズについて、メーカー側の担当者と情報交換し、よく把握している。
○システム開発プロジェクトの体制について、自己の意見を積極的に提言している。
○情報システム開発に当たり必要となる体系的な情報収集や調査分析を実施している。

②情報システムの設計と運営

○メーカーの業務システム分析を的確に行い、正確な現状認識のもとにシステム設計に関するサポートを行っている。
○システム開発及び運営の進捗状況及びコストを適切にマネジメントしている。
○部下や後輩に対し的確な指示を与えながら、業務を推進している。

③成果の確認と次回へのフィードバック

○システムの効果・性能の評価を行い、運用に関する問題点や改善点を把握し、次の計画に結びつけている。
○現状の情報システムに関して、メーカーに対し改善提案をしている。
○今後の課題や早急に習熟すべきノウハウなどを社内で共有化している。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化
6.情報システムに関する知識
・情報処理システムの基礎
・データベース
・ネットワーク概要
・情報通信の基礎
・その他最新技術の動向

7.人材教育・セミナーなどのサポート レベル1

メーカーの人材教育の一環として、研修やセミナーなどの開催をサポートする能力

①人材教育に関するニーズの把握と教育メニューの企画立案

○当該メーカーの人材育成に対する方針について理解している。
○当該メーカーの人材育成に関するニーズについて、メーカー側の担当者と情報交換し、よく把握している。
○当該メーカーの教育メニュー立案のために、情報収集に努めている。
○教育メニュー立案に当たり、不明な点は上司・先輩に相談しながら、自己の意見を提言している。

②教育メニュー(研修・セミナーなど)の実施

○研修・セミナー開催・運営の手順を理解している。
○上司・先輩の指示に従いながら、研修・セミナーの開催に関わる業務を円滑に行っている。

③成果の確認

○教育メニューの効果について、客観的に評価・分析している。
○教育メニューが不適切だった場合、改善点について具体的に列挙している。
○担当業務に関する問題点や改善点について上司に相談したうえで、企画内容や業務プロセスの見直しを定期的に実施している。
○今後の課題や早急に習熟すべきノウハウなどを記録する。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化
6.企業における人材育成に関する知識

7.人材教育・セミナーなどのサポート レベル2

メーカーの人材教育の一環として、研修やセミナーなどの開催をサポートする能力

①人材教育に関するニーズの把握と教育メニューの企画立案

○当該メーカーの人材育成に対する方針について理解している。
○当該メーカーの人材育成に関するニーズについて、メーカー側の担当者と情報交換し、よく把握している。
○企業における人材育成に関する情報収集を積極的に行っている。
○教育メニュー立案に当たり、自己の意見を提言している。
○研修・セミナーのテーマにあった講師を依頼するための人脈がある。

②教育メニュー(研修・セミナーなど)の実施

○研修・セミナー開催・運営の手順を十分に理解している。
○部下に的確な指示を出しながら、研修・セミナーの開催に関わる業務を円滑に行っている。

③成果の確認

○教育メニューの効果について、客観的に評価・分析している。
○教育メニューが不適切だった場合、改善点について具体的に列挙している。
○担当業務に関する問題点や改善点について、企画内容や業務プロセスの見直しを定期的に実施している。
○今後の課題や早急に習熟すべきノウハウなどを記録する。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化
6.企業における人材育成に関する知識

7.人材教育・セミナーなどのサポート レベル3

メーカーの人材教育の一環として、研修やセミナーなどの開催をサポートする能力

①人材教育に関するニーズの把握と教育メニューの企画立案

○当該メーカーの人材育成に対する方針について理解している。
○当該メーカーの人材育成に関するニーズについて、メーカー側の担当者と情報交換し、よく把握している。
○企業における人材育成に関する豊富な知識をもっている。
○講師を依頼するための人脈があり、研修・セミナーのテーマにあった適切な講師を手配している。

②教育メニュー(研修・セミナーなど)の実施

○部下に的確な指示を出しながら、開催までの業務を円滑に行っている。
○部下からの質問に対し、自己の経験を踏まえながら、的確に答え、業務を円滑に行っている。

③成果の確認

○教育メニューが不適切だった場合、改善点について具体的に列挙している。
○担当業務に関する問題点や改善点について、企画内容や業務プロセスの見直しを定期的に実施している。
○当該メーカー担当者に、教育メニューの成果について確認し、次回の企画への課題を抽出している。

●必要な知識

1.当該メーカーに関する知識
・企業理念、経営方針、経営目標、業績の動向
2.競合に関する状況
3.当該メーカー製品に関する知識
・商品の種類や品質
・商品別に対象とする顧客ターゲット
・商品別売上動向
・新製品情報
4.調査・マーケティングに関する専門知識
・マーケティング戦略策定
・市場環境分析
・ブランド育成
・プロモーション戦略
5.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化
6.企業における人材育成に関する知識