「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備の支援をさせて頂きます。

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

従業員教育コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

卸売業(食品・菓子・雑貨等) リテール・サービス

職種:リテール・サービス  職務:リテール・サービス・マネジメント 

【概要】

 小売業に対して行うサービス全般をマネジメントする仕事 

【仕事の内容】

 リテール・サービス・マネジメントの仕事は、大別すると以下のとおりである。

①サービス内容の決定:小売業が必要とするサービス内容を把握し、その中で、自社が提供できるサービスは何か、どのサービスを提供するか検討・決定する。

②サービスにかけるコストの管理:サービスにかかるコスト(従業員・資材等)を適切にマネジメントする。

③進捗状況の管理:サービス提供に当たり、その進捗状況をマネジメントする。

④評価:行ったサービスをその実現率や効率性、小売業からの評価等をもとに評価する。 

【求められる経験・能力】

(1)小売業が必要とするサービスを的確に把握したうえで、計画を立案、実行していかなくてはならない。また、対外折衝において高い交渉力や素早い判断力・決断力が求められる。

(2)小売業において、顧客のニーズに対応した商品を提供するため、幅広く情報を収集する情報探求力と情報を的確に分析する能力が求められる。また、企画書や調査結果報告書作成のため、OAスキルは必須である。

(3)従業員と協力・連携し、従業員満足を高めることができるよう組織と人をマネジメントする能力が求められる。

(4)予算の策定と管理を行い、それらを効率的に遂行する高い能力が求められる。

 【関連する資格・検定等】

・販売士検定(日本商工会議所)

・スーパーマーケット検定(S検)((社)全国スーパーマーケット協会) 

・消費生活アドバイザー((財)日本産業協会) 

・消費生活コンサルタント((財)日本消費者協会) 

小売業計数能力検定((社)公開経営指導協会)

 【労働省職業分類(小分類)との対応】

231 会社の管理職員、252 企画・調査事務員、281 営業・販売事務員

職種:リテール・サービス  職務:商品調達支援 

【概要】

 小売業の商品調達を支援する仕事。 

【仕事の内容】

 商品調達支援の仕事は、大別すると以下のとおりである。

①小売業ニーズの把握及び市場動向の把握:小売業がどのような品揃えを望み、どのような商品の調達(及び開発・生産)を希望しているか把握するとともに、それら商品や関連商品の市場動向等を確認する。その上で商品調達に関する支援を行う。

②商品調達(仕入れ):商品の仕入先開拓を行い、商品を仕入れるための支援をする。

③プライベートブランド(PB商品)の企画・開発・生産:小売業のニーズに即したPB商品の企画・開発・生産を支援する。

④評価:調達(及び開発・生産)した商品の評価に関する情報を収集・提供する。 

【求められる経験・能力】

(1)新卒採用の場合、大学や専門学校で、商業や流通、市場調査に関する専門知識を学習している場合と学習していない場合が考えられる。後者の場合、入社後はOJTまたは専門教育・自習などにより速やかに専門知識・技術を身につける必要がある。中途採用の場合は、当該業務の経験と専門知識が必要である。

(2)小売業界の近年の動向、品揃えや棚割り、商品マスターに関する知識、仕入から納入までの商品調達に関する知識などが求められる。

(3)小売業において、顧客のニーズに対応した商品を提供するため、幅広く情報を収集する情報探求力が求められる。また、市場調査を行う場合、調査結果を的確に分析する能力も必要である。また、企画書や調査結果報告書作成のため、OAスキルは必須である。 

【関連する資格・検定等】

・販売士検定(日本商工会議所) 

・スーパーマーケット検定(S検)((社)全国スーパーマーケット協会) 

・消費生活アドバイザー((財)日本産業協会) 

・消費生活コンサルタント((財)日本消費者協会) 

小売業計数能力検定((社)公開経営指導協会)  

【労働省職業分類(小分類)との対応】

252 企画・調査事務員、281 営業・販売事務員

職種:リテール・サービス  職務:小売業の販売支援 

【概要】

 小売業が商品を販売する際、各種支援をする仕事。 

【仕事の内容】

 小売業の販売支援の仕事は、大別すると以下のとおりである。

①支援内容の決定:小売業が商品を販売する際、どのような支援を必要としているか、その中で、自社が提供できる支援は何か、どの支援を提供するか検討・決定する。

②支援にかけるコストの管理:支援にかかるコスト(従業員・資材等)を適切にマネジメントする。

③支援の実施:①で策定した支援内容に沿って支援する。

④評価:行った支援をその実現率や効率性、小売業からの評価等をもとに評価する。 

【求められる経験・能力】

(1)新卒採用の場合、大学や専門学校で、商業や流通、市場調査に関する専門知識を学習している場合と学習していない場合が考えられる。後者の場合、入社後はOJTまたは専門教育・自習などにより速やかに専門知識・技術を身につける必要がある。中途採用の場合は、当該業務の経験と専門知識が必要である。

(2)小売業界の近年の動向、店頭業務に関する知識(仕入れ~販売、商品開発、プロモーション、マーチャンダイジング、荷受・検品などの付随業務)などが求められる。

(3)小売業において、顧客のニーズに対応した商品を提供するため、幅広く情報を収集する情報探求力が求められる。調査結果を的確に分析する能力、プロモーションにおける企画力なども必要である。取引先と十分に議論し、企画立案・実行していかなくてはならないことから、高いコミュニケーション能力と対人スキルが要求される。また、企画書や調査結果報告書作成のため、OAスキルは必須である。

 【関連する資格・検定等】

・販売士検定(日本商工会議所) 

・スーパーマーケット検定(S検)((社)全国スーパーマーケット協会) 

・消費生活アドバイザー((財)日本産業協会) 

・消費生活コンサルタント((財)日本消費者協会) 

・小売業計数能力検定((社)公開経営指導協会) 

・POP広告クリエイター技能審査試験((社)公開経営指導協会) 

商業施設士((社)商業施設技術団体連合会) 

【労働省職業分類(小分類)との対応】

252 企画・調査事務員、281 営業・販売事務員

職種:リテール・サービス  職務:小売業の経営支援 

【概要】

 小売業が必要とする各種様々な経営支援を行う仕事 

【仕事の内容】

 小売業の経営支援の仕事は、大別すると以下のとおりである。

①支援内容の決定:小売業がどのような経営支援を必要としているか、その中で、自社が提供できる経営支援は何か、どの経営支援を提供するか検討・決定する。

②経営支援にかけるコストの管理:経営支援にかかるコスト(従業員・資材等)を適切にマネジメントする。

③支援の実施:①で策定した支援内容に沿って支援する。

④評価:行った経営支援をその実現率や効率性、小売業からの評価等をもとに評価する。 

【求められる経験・能力】

(1)新卒採用の場合、大学や専門学校で、商業や流通、市場調査に関する専門知識を学習している場合と学習していない場合が考えられる。後者の場合、入社後はOJTまたは専門教育・自習などにより速やかに専門知識・技術を身につける必要がある。中途採用の場合は、当該業務の経験と専門知識が必要である。

(2)流通業界の近年の動向や小売業の経営戦略、調査・マーケティング戦略に関する専門知識(マーケティング戦略策定、市場環境分析、ブランド育成、ストアプロモーション戦略)、情報システムに関する知識などが求められる。さらに小売業の情報戦略の立案、システム設計・運営などをサポートする場合は、情報システムに関する専門知識が必要である。

(3)取引先と十分に議論し、企画立案・実行していかなくてはならないことから、高いコミュニケーション能力と対人スキルが要求される。また、企画書や調査結果報告書作成のため、OAスキルは必須である。 

【関連する資格・検定等】

・販売士検定(日本商工会議所) 

・スーパーマーケット検定(S検)((社)全国スーパーマーケット協会) 

・消費生活アドバイザー((財)日本産業協会) 

・消費生活コンサルタント((財)日本消費者協会) 

小売業計数能力検定((社)公開経営指導協会) 

情報処理技術者試験(独立行政法人情報処理推進機構) 

【労働省職業分類(小分類)との対応】

252 企画・調査事務員、281 営業・販売事務員