「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備!

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

経営コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

卸売業(食品・菓子・雑貨等) ロジスティクス レベル:一括印刷用

職種:ロジスティクス  職務:ロジスティクス・マネジメント 

【概要】

 ロジスティクス全般をマネジメントする仕事 

【仕事の内容】

 ロジスティクス・マネジメントの仕事は、大別すると以下のとおりである。

①サービス及び業務内容の決定:メーカーや小売業及び自社が必要とするサービス・業務を把握し、その中で、手がけるロジスティクスは何かを検討・決定する。

②サービスにかけるコストの管理:サービスにかかるコスト(従業員・資材等)を適切にマネジメントする。アウトソーシングの可能性についても考慮する。

③進捗状況の管理:ロジスティクスの進捗状況をマネジメントする。

④評価:行ったサービスをその実現率や効率性、メーカー・小売業及び自社における対象部門からのコメント等をもとに評価する。 

【求められる経験・能力】

(1)メーカーや小売業が必要とするサービスを的確に把握したうえで、計画を立案、実行していかなくてはならない。また、対外折衝において高い交渉力や素早い判断力・決断力が求められる。

(2)従業員満足を高めることができるよう組織と人をマネジメントする能力が求められる。

(3)予算の策定と管理を行い、それらを効率的に遂行する高い能力が求められる。 

【関連する資格・検定等】

・物流技術管理士((社)ロジスティクスシステム協会) 

・ロジスティクス経営士((社)ロジスティクスシステム協会) 

・国際物流管理士((社)ロジスティクスシステム協会) 

・グリーンロジスティクス管理士((社)ロジスティクスシステム協会) 

・倉庫管理主任者((社)日本倉庫協会) 

情報処理技術者試験(独立行政法人情報処理推進機構) 

・ビジネスキャリア検定試験「ロジスティクス分野」(中央職業能力開発協会) 

【労働省職業分類(小分類)との対応】

231 会社の管理職員、252 企画・調査事務員

職種:ロジスティクス  職務:物流

【概要】

 物流業務を提供する仕事 

【仕事の内容】

 物流の仕事は、大別すると以下のとおりである。

①サービス及び業務内容の決定:メーカーや小売業及び自社が必要とする物流(輸送・保管・流通加工・荷役等)を把握し、その中で、手がける物流は何かを検討・決定する。

②サービスにかけるコストの管理:物流にかかるコスト(従業員・資材等)を適切にマネジメントする。アウトソーシングの可能性についても考慮する。

③物流業務の実施:①で策定したサービス及び業務内容を実施する。

④評価:行ったサービスをその実現率や効率性、メーカー・小売業及び自社における対象部門からの評価等をもとに評価する。 

【求められる経験・能力】

(1)採用する場合、大学や専門学校で、物流や設計に関する専門知識や技術を習得している場合と学習していない場合が考えられる。後者の場合、入社後はOJTまたは専門教育・自習などにより速やかに専門知識・技術を身につける必要がある。また、実際に倉庫内で荷役業務にあたる場合、フォークリフトの運転操作やはい作業などには専門の資格が必要である。

(2)物流業務の基本的な流れをはじめ、取扱商品に関する知識、輸送、保管、在庫、包装、情報システム、マテハンなどに関する知識を求められる。さらに、経営工学の知識に加えて、統計学的な解析手法、生産管理及びサプライチェーンマネジメントに関する専門知識が必要である。

(3)情報端末機器操作ができることが必須である。 

【関連する資格・検定等】

・ロジスティクス経営士((社)ロジスティクスシステム協会) 

・物流技術管理士((社)ロジスティクスシステム協会) 

・倉庫管理主任者((社)日本倉庫協会) 

・自動車運転免許(都道府県公安委員会)

・フォークリフト運転技能者(都道府県労働局長登録教習機関)

・小型移動式クレーン運転技能者(都道府県労働局長登録教習機関)

・はい作業主任者(都道府県労働局長登録教習機関)

・危険物取扱者((財)消防試験研究センター)

・情報処理技術者試験(独立行政法人情報処理推進機構)

・ビジネスキャリア検定試験「ロジスティクス分野」(中央職業能力開発協会) 

【労働省職業分類(小分類)との対応】

728 包装工、793 倉庫作業員、795 荷造工

473 貨物自動車運転者、794 配達員

職種:ロジスティクス  職務:センター開設・運営 

【概要】

 センター開設・運営を行う仕事 

【仕事の内容】

 センター開設・運営の仕事は、大別すると以下のとおりである。

①センターの企画・設計:メーカーや小売業及び自社が必要とする物流センターを企画・設計する。

②センターの開設:物流センターを開設する。

③センターの運営:物流センターの運営・管理を行う。 

【求められる経験・能力】

(1)採用する場合、大学や専門学校で、物流や設計に関する専門知識や技術を習得している場合と学習していない場合が考えられる。後者の場合、入社後はOJTまたは専門教育・自習などにより速やかに専門知識・技術を身につける必要がある。

(2)センターを開設・運営するに当たっては、物流業務の基本的な流れをはじめ、取扱商品に関する知識、輸送、保管、在庫、包装、情報システム、マテハンなどに関する知識を求められる。さらに、経営工学の知識に加えて、統計学的な解析手法、生産管理及びサプライチェーンマネジメントに関する専門知識が必要である。

(3)センター運営に伴う各種業務の計画・立案をする能力、取引先(アウトソーシング先)を管理するための交渉力が求められる。また、情報端末機器操作ができることは必須である。 

【関連する資格・検定等】

・ロジスティクス経営士((社)ロジスティクスシステム協会) 

・物流技術管理士((社)ロジスティクスシステム協会) 

・倉庫管理主任者((社)日本倉庫協会) 

・自動車運転免許(都道府県公安委員会)

・フォークリフト運転技能者(都道府県労働局長登録教習機関)

・小型移動式クレーン運転技能者(都道府県労働局長登録教習機関)

・はい作業主任者(都道府県労働局長登録教習機関)

・危険物取扱者((財)消防試験研究センター)

・情報処理技術者試験(独立行政法人情報処理推進機構) 

・ビジネスキャリア検定試験「ロジスティクス分野」(中央職業能力開発協会) 

【労働省職業分類(小分類)との対応】

231 会社の管理職員、252 企画・調査事務員

728 包装工、793 倉庫作業員、795 荷造工

473 貨物自動車運転者、794 配達員

1.ロジスティクス・マネジメント レベル3 レベル4

「物流」「センター開設・運営」を管理する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○取引先企業(メーカー及び小売業)に提供している機能、及び自社物流機能について、全体像及び基本的枠組みを理解している。
○取引先企業あるいは自社の物流戦略について熟知している。
○競合他社と比較した場合の、自社の強み及び弱みを理解している。
○自社担当者に明確なビジョンを提示し、目標達成までの道筋を示している。
○収集した情報をもとに、自社が提供できる機能について検討・決定している。

②各ロジスティクスの管理

○提供する各ロジスティクス機能間の調整を行っている。
○ロジスティクスに関連する自社の他部署(マーケティング担当部署など)や、関係する取引先(メーカー及び小売業等)との調整を図っている。
○ロジスティクス業務の提供に当たり、自社担当者の担当業務量のバランスを調整している。
○ロジスティクス機能の提供に当たり、コストが適切であるか判断している。
○提供するロジスティクス業務のサービスレベルを管理している。
○ロジスティクス機能の提供に当たり、その進捗状況をマネジメントしている。

③成果の確認及び次回へのフィードバック

○ロジスティクス業務がどのように実現されたか把握している。
○問題点や改善点について部下と相談した上で、業務のやり方を定期的に見直している。
○行ったロジスティクスが、得意先のニーズを満たすものであったかどうか、ヒアリング等をベースに分析している。

●必要な知識

1.ロジスティクスを行う上での前提事項
・取扱商品に関する知識
・物流に関する基本方針及びコンセプト
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.取引先企業や他部署との交渉
4.流通業界全般に関する知識
・流通に関する基礎知識
・流通政策の変化
・中間流通機能の変化
・小売業態構造の変化

2.メーカー物流の代替・支援 レベル1

仕入先を始めとするメーカーの物流業務を代替・支援する能力

①メーカーのニーズの把握と自社の現状把握

○得意先メーカーの物流に関する基本方針及びコンセプトを理解している(できるだけ安く行う、あるいは競争上の強みとして位置づけている、など)。
○出荷から納品に至る一連の物流業務のスケジュール(受注締時間や輸送スケジュールなど)や条件(ロットや賞味期限等)を理解している。
○得意先メーカーがベンダーに望む物流業務を理解している。
○自社のどのような部署が関係しまた責任者は誰であるかなどを理解している。
○曖昧な点があれば本部及びロジスティクス担当者に質問し解決している。

②メーカー物流の代替・支援

○輸送や保管など、得意先メーカーが望む物流業務を提供している。
○得意先メーカーが望む物流業務を提供する上で、必要となる様々な付随業務(決済等の金融業務など)を行っている。

③成果の確認及び次回へのフィードバック

○得意先メーカーが要望する物流業務の代替(提供)・支援が適切に行えたかどうか得意先メーカーの担当者にヒアリングし、それをベースに自己評価している。
○今後の課題や早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している。
○他のメーカーに対しても展開可能かどうか、可能性を検討している。

●必要な知識

1.得意先メーカーに対する知識
・取扱商品に関する知識
・物流に関する基本方針及びコンセプト
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・受発注に関する知識
・検品に関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.メーカーへのヒアリング
・必要とされる情報を聞き出す能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

2.メーカー物流の代替・支援 レベル2

仕入先を始めとするメーカーの物流業務を代替・支援する能力

①メーカーのニーズの把握と自社の現状把握

○得意先メーカーの物流に関する基本方針及びコンセプトを理解している(できるだけ安く行うあるいは競争上の強みとして位置づけている、など)。
○得意先メーカーがベンダーに望む物流業務を理解している。
○他のベンダーがどのような物流業務を提供しているか理解している。
○どれくらいの資源(人材及びコストなど)を必要とするか理解している。
○自社がどの業務をどのような条件で受託することができるか理解している。
○自社のどのような部署が関係しまた責任者は誰であるかなどを理解している。
○曖昧な点があれば本部及びロジスティクス担当者に質問し解決している。

②メーカー物流の代替・支援

○輸送や保管など、得意先メーカーが望む物流業務を計画・立案している。
○得意先メーカーが望む物流業務を提供する上で、必要となる様々な付随業務(決済等の金融業務など)の内容を計画・立案している。

③成果の確認及び次回へのフィードバック

○得意先メーカーに提供した物流業務は今後どのような点で改善が可能か、またより効率的に行うことができるか、メーカーからのヒアリング情報などをもとに分析している。
○今後の課題や早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している。
○他のメーカーに対しても展開可能かどうか、可能性を検討している。

●必要な知識

1.得意先メーカーに対する知識
・取扱商品に関する知識
・物流に関する基本方針及びコンセプト
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・受発注に関する知識
・検品に関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.メーカーへのヒアリング
・必要とされる情報を聞き出す能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

3.小売業物流の代替・支援 レベル1

納入先小売業を始めとする小売業の物流業務を代替・支援する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○得意先小売業の納品から店頭陳列に至る一連の物流業務の内容(納品、検品、センター及びバックルームでの保管、物流加工、輸送など)を理解している。
○物流条件(発注締切時間、納品パターン、返品ルールなど)を理解している。
○得意先小売業がベンダーに望む物流業務を理解している。
○自社のどのような部署が関係しまた責任者は誰であるかなどを理解している。
○曖昧な点があれば本部及びロジスティクス担当者に質問し解決している。

②小売業の物流の代替・支援

○輸送や保管など、得意先小売業が望む物流業務を提供している。
○得意先小売業が望む物流業務を提供する上で、必要となる様々な付随業務を行っている。

③成果の確認及び次回へのフィードバック

○得意先小売業が要望する物流業務の代替(提供)・支援が適切に行えたかどうか得意先小売業の担当者にヒアリングし、それをベースに自己評価している。
○今後への課題や早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.得意先小売業に対する知識
・取扱商品に関する知識
・物流に関する基本方針及びコンセプト
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.小売業へのヒアリング
・必要とされる情報を聞き出す能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

3.小売業物流の代替・支援 レベル2

納入先小売業を始めとする小売業の物流業務を代替・支援する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○得意先小売業の物流に関する基本方針及びコンセプトを理解している(できるだけ安く行う、あるいは高いサービスレベルを要求している、など)。
○輸送や保管など、得意先小売業がベンダーに望む物流業務を理解している。
○他のベンダーがどのような物流業務を提供しているか理解している。
○どれくらいの資源(人材及びコストなど)を必要とするか理解している。
○自社がどの業務をどのような条件で受託することができるか理解している。
○自社のどのような部署が関係しまた責任者は誰であるかなどを理解している。
○曖昧な点があれば本部及びロジスティクス担当者に質問し解決している。

②小売業の物流の代替・支援

○輸送や保管など、得意先小売業が望む物流業務を計画・立案している。
○得意先小売業が望む物流業務を提供する上で、必要となる様々な付随業務の内容を計画・立案している。

③成果の確認及び次回へのフィードバック

○得意先小売業に提供した物流業務は今後どのような点で改善が可能か、またより効率的に行うことができるか、小売業からのヒアリング情報などをもとに分析している。
○今後の課題や早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している。
○他の小売業に対しても展開可能かどうか、可能性を検討している。

●必要な知識

1.得意先小売業に対する知識
・取扱商品に関する知識
・物流に関する基本方針及びコンセプト
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.小売業へのヒアリング
・必要とされる情報を聞き出す能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

4.自社の物流 レベル1

自社における物流業務を実施する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○自社にとってどのような物流業務(納品、検品、保管、流通加工、出荷、輸送など)が必要か理解している。
○納品から出荷に至る一連の物流業務のスケジュール(得意先の受発注締時間や納品・出荷パターンなど)を理解している。
○各物流業務の担い手(アウトソーシング先がある場合はその業者名など)を把握している。
○自社のどのような部署が関係しまた責任者は誰であるかなどを理解している。
○曖昧な点があれば上司や自社の関係部署、取引先(運送会社、倉庫会社等)に質問し解決している。

②自社物流の実施

○輸送や保管など、自社にとって必要な物流業務を実施している。
○物流業務を実施する上で必要となる様々な付随業務を行っている。

③次回へのフィードバック

○自社が必要とする物流業務が適切に行えたかどうか、自己評価している。
○今後への課題や早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.物流業務を行う上で前提となる知識
・取扱商品に関する知識
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.取引先(アウトソーシング先等)との交渉
・必要とされる交渉を行う能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

4.自社の物流 レベル2

自社における物流業務を実施する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○自社にとってどのような物流業務(納品、検品、保管、流通加工、出荷、輸送など)が必要か理解している。
○納品から出荷に至る一連の物流業務のスケジュール(得意先の受発注締時間や納品・出荷パターンなど)を理解している。
○各物流業務を行うにあたり、自社(子会社を含む)で行った方が良いか、あるいはアウトソーシングした方が良いか判断している。
○どれくらいの資源(人材及びコストなど)を必要とするか理解している。
○自社のどのような部署が関係しまた責任者は誰であるかなどを理解している。
○曖昧な点があれば自社の関係部署や取引先(運送会社、倉庫会社等)に質問し解決している。

②自社物流の実施

○物流業務の全体像及び詳細を計画・立案している。
○物流業務を実施する上で必要となる様々な付随業務に関し、その全体像及び詳細を計画・立案している。

③次回へのフィードバック

○自社が必要とする物流業務が適切に行えたかどうか、自己評価している。
○今後の課題や、早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.物流業務を行う上で前提となる知識
・取扱商品に関する知識
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.取引先(アウトソーシング先等)との交渉
・必要とされる交渉を行う能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

5.センター開設 レベル1

取引先及び自社を問わず、物流センターを開設する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○物流センターの概要(=仕様)を理解している。
○物流センターを開設する上での一連のスケジュール(工程表)を把握している。
○関連会社(運送会社・倉庫会社、マテハン企業等)及び担当者を把握している。
○自社のどのような部署が関係し、また責任者は誰であるかなどを理解している。
○取引先(メーカー及び小売業)の物流センター建設を受託した場合、取引先企業の担当部門及び担当者を把握している。
○物流センター建設に遅れやトラブルが生じた場合、上司の指示に従い対処している。
○曖昧な点があれば上司や自社の関係部署、取引先(マテハン企業、建設会社等)に質問し解決している。

②センターの開設

○上司の指示に従い、センター開設に伴う各種業務(計画に則ったマテハンの発注など)を行っている。
○センター開設を行う上で必要となる様々な付随業務を行っている。

③次回へのフィードバック

○物流センターの開設が適切に行えたかどうか、受託先企業(メーカー及び小売業)やキャリア(運送会社、倉庫会社等)の担当者にヒアリングし、それをベースに自己評価している。
○今後への課題や早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.物流を行う上での前提となる知識
・取扱商品に関する知識
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.物流センターに関する知識
・全体的な設計(アウトライン)に関する知識
・マテハンに関する知識
・生産性・効率性など、物流センターの経済合理性に関する知識
4.取引先(アウトソーシング先等)との交渉
・必要とされる交渉を行う能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

5.センター開設 レベル2

取引先及び自社を問わず、物流センターを開設する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○物流センターの概要(=仕様)を理解している。
○物流センターを建設する上での、一連のスケジュール(工程表)を把握している。
○物流センター建設に関係する関連会社(運送会社・倉庫会社、マテハン企業等)及び担当者を把握している。
○自社のどのような部署が関係し、また責任者は誰であるかなどを理解している。
○取引先(メーカー及び小売業)の物流センター建設を受託した場合、取引先企業の担当部門及び担当者を把握している。
○どれくらいの資源(人材及びコストなど)を必要とするか理解している。
○物流センター建設に遅れやトラブルが生じた場合、どのように対処すべきか指示している。
○曖昧な点があれば上司や自社の関係部署、取引先(マテハン企業、建設企業等)に質問し解決している。

②センターの開設

○センターの全体像(鳥瞰図)を計画・立案している。
○センターの提供機能を計画・立案している。
○センター開設に伴う各種業務を計画・立案している(どのマテハンを導入すれば良いかなど)。
○センター開設に関し、必要となる様々な付随業務を計画・立案している。

③次回へのフィードバック

○物流センターの開設が適切に行えたかどうか、受託先企業(メーカー及び小売業)やキャリア(運送会社、倉庫会社等)の担当者にヒアリングし、それをベースに自己評価している。
○得意先物流センターの仕様が、他の物流センターにも活用できるか検討し、自社におけるノウハウ蓄積に役立てている。
○今後への課題や早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.物流を行う上での前提となる知識
・取扱商品に関する知識
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.物流センターに関する知識
・全体的な設計(アウトライン)に関する知識
・マテハンに関する知識
・生産性・効率性など、物流センターの経済合理性に関する知識
4.取引先(アウトソーシング先等)との交渉
・必要とされる交渉を行う能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

5.センター開設 レベル3

取引先及び自社を問わず、物流センターを開設する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○物流センターの概要(=仕様)を理解している。
○物流センターに対するニーズ(機能やコスト面など)を把握している。
○機能に対するコストなど生産性や効率性に関する指標を把握・分析している。
○他社が展開する参考にすべき先進的な物流センターの事例を把握している。
○物流センターを建設する上での一連のスケジュール(工程表)を把握している。
○取引先企業の物流戦略を理解している。
○どれくらいの資源(人材及びコストなど)を必要とするか理解している。
○物流センター建設に遅れやトラブルが生じた場合、どのように対処すべきか、指示している。

②センターの開設

○センターの全体像(鳥瞰図)を計画・立案している。
○センターの提供機能を計画・立案している。
○センター開設に伴う各種業務を計画・立案している。
○センター開設に関し、必要となる様々な付随業務を計画・立案している。

③次回へのフィードバック

○物流センターの開設が適切に行えたかどうか、受託先企業(メーカー及び小売業)やキャリア(運送会社、倉庫会社等)の担当者にヒアリングし、自己評価している。
○得意先物流センターの仕様が、他の物流センターにも活用できるか検討し、自社におけるノウハウ蓄積に役立てている。
○受託先企業及び受託先企業のグループ会社からのさらなる物流センター開設の受託に向け、新たな提案活動に結び付けている。

●必要な知識

1.物流を行う上での前提となる知識
・取扱商品に関する知識
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.物流センターに関する知識
・全体的な設計(アウトライン)に関する知識
・マテハンに関する知識
・生産性・効率性など、物流センターの経済合理性に関する知識
4.取引先(アウトソーシング先等)との交渉
・必要とされる交渉を行う能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

6.センター運営 レベル1

取引先及び自社を問わず、物流センターを運営する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○物流センターの概要を理解している。
○物流センターにおける各施設(マテハン)の機能及び限界や納品から出荷に至る一連の流れを把握している。
○関連会社(運送会社・倉庫会社、マテハン企業等)及び担当者を把握している。
○自社のどのような部署が関係し、また責任者は誰であるかなどを理解している。
○取引先(メーカー及び小売業)の物流センター運営を受託した場合、取引先企業の担当部門及び担当者を把握している。
○物流センターの運営に当たり何らかのトラブルが生じた場合、上司の指示に従い対処している。
○物流センターを運営する上で、曖昧な点があれば上司や自社の関係部署、取引先(マテハン企業、建設会社等)に質問し解決している。

②センターの運営

○センター運営に伴う各種業務を行っている。
○センター運営を行う上で必要となる様々な付随業務を行っている。
○センターの実際の運営に関し、アウトソーシング先企業を管理している。

③次回へのフィードバック

○物流センターの運営が適切に行えたかどうか、受託先企業(メーカー及び小売業)やキャリア(運送会社、倉庫会社等)の担当者にヒアリングし、自己評価している。
○今後への課題や早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.受託先企業に関する知識
(自社物流センターの場合を除く)
・取扱商品に関する知識
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.物流センターに関する知識
・全体的な設計(アウトライン)に関する知識
・マテハンに関する知識
・生産性・効率性など、物流センターの経済合理性に関する知識
4.取引先(アウトソーシング先等)との交渉
・必要とされる交渉を行う能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

6.センター運営 レベル2

取引先及び自社を問わず、物流センターを運営する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○物流センターの概要(=仕様)を理解している。
○物流センターにおける各施設(マテハン)の機能及び限界や納品から出荷に至る一連の流れを把握している。
○関連会社(運送会社・倉庫会社、マテハン企業等)及び担当者を把握している。
○自社のどのような部署が関係し、また責任者は誰であるか、などを理解している。
○取引先(メーカー及び小売業)の物流センターを運営する場合、取引先企業の担当部門及び担当者を把握している。
○どれくらいの資源(人材及びコストなど)を必要とするか理解している。
○物流センターの運営に遅れやトラブルが生じた場合、どのように対処すべきか指示している。
○物流センターを運営する上で、曖昧な点があれば上司や自社の関係部署、取引先(マテハン企業、建設企業等)に質問し解決している。

②センターの運営

○センター運営に伴う各種業務を計画・立案している。
○センター運営に関し、必要となる様々な付随業務を計画・立案している。
○センターの実際の運営に関し、従業員やアウトソーシング先企業を管理している。

③次回へのフィードバック

○物流センターの運営が適切に行えたかどうか、キャリア(運送会社、倉庫会社等)の担当者にヒアリングし、それをもとに自己評価している。
○今後どのような点で改善が可能か、またより効率的に行うことができるか、分析している。
○得意先物流センターの運営方法が、他の物流センターにも活用できるか検討し、自社におけるノウハウ蓄積に役立てている。
○今後への課題や、早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している(次回申し送り事項として考慮)。

●必要な知識

1.受託先企業に関する知識
(自社物流センターの場合を除く)
・取扱商品に関する知識
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.物流センターに関する知識
・全体的な設計(アウトライン)に関する知識
・マテハンに関する知識
・生産性・効率性など、物流センターの経済合理性に関する知識
4.取引先(アウトソーシング先等)との交渉
・必要とされる交渉を行う能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

6.センター運営 レベル3

取引先及び自社を問わず、物流センターを運営する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○物流センターの概要(=仕様)を理解している。
○物流センターに対するニーズ(機能やコスト面など)を把握している。
○機能に対するコストなど、生産性や効率性に関する指標を把握・分析している。
○他社が展開する、参考にすべき先進的な物流センターの事例を把握している。
○物流センターにおける各施設(マテハン)の機能及び限界や、納品から出荷に至る一連の流れを把握している。
○関連会社(運送会社・倉庫会社、マテハン企業等)の長所及び短所を把握している。
○どれくらいの資源(人材及びコストなど)を必要とするか理解している。
○取引先企業の物流戦略を把握している。

②センターの運営

○センター運営に伴う各種業務を計画・立案している。
○センター運営に関し、必要となる様々な付随業務を計画・立案している。
○センターの実際の運営に関し、従業員やアウトソーシング先企業を管理している。

③次回へのフィードバック

○物流センターの運営が適切に行えたかどうか、キャリア(運送会社、倉庫会社等)の担当者にヒアリングし、自己評価している。
○センター運営に関し、今後どのような点で改善が可能か、またより効率的に行うことができるか、分析している。
○得意先物流センターの運営方法が、他の物流センターにも活用できるか検討し、自社におけるノウハウ蓄積に役立てている。
○受託先企業及び受託先企業のグループ会社からのさらなる物流センター運営の受託に向け、新たな提案活動に結びつけている。

●必要な知識

1.受託先企業に関する知識
(自社物流センターの場合を除く)
・取扱商品に関する知識
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.物流センターに関する知識
・全体的な設計(アウトライン)に関する知識
・マテハンに関する知識
・生産性・効率性など、物流センターの経済合理性に関する知識
4.取引先(アウトソーシング先等)との交渉
・必要とされる交渉を行う能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など