「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備!

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

経営コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

卸売業(食品・菓子・雑貨等) ロジスティクス 6.センター運営

6.センター運営 レベル1

取引先及び自社を問わず、物流センターを運営する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○物流センターの概要を理解している。
○物流センターにおける各施設(マテハン)の機能及び限界や納品から出荷に至る一連の流れを把握している。
○関連会社(運送会社・倉庫会社、マテハン企業等)及び担当者を把握している。
○自社のどのような部署が関係し、また責任者は誰であるかなどを理解している。
○取引先(メーカー及び小売業)の物流センター運営を受託した場合、取引先企業の担当部門及び担当者を把握している。
○物流センターの運営に当たり何らかのトラブルが生じた場合、上司の指示に従い対処している。
○物流センターを運営する上で、曖昧な点があれば上司や自社の関係部署、取引先(マテハン企業、建設会社等)に質問し解決している。

②センターの運営

○センター運営に伴う各種業務を行っている。
○センター運営を行う上で必要となる様々な付随業務を行っている。
○センターの実際の運営に関し、アウトソーシング先企業を管理している。

③次回へのフィードバック

○物流センターの運営が適切に行えたかどうか、受託先企業(メーカー及び小売業)やキャリア(運送会社、倉庫会社等)の担当者にヒアリングし、自己評価している。
○今後への課題や早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している。

●必要な知識

1.受託先企業に関する知識
(自社物流センターの場合を除く)
・取扱商品に関する知識
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.物流センターに関する知識
・全体的な設計(アウトライン)に関する知識
・マテハンに関する知識
・生産性・効率性など、物流センターの経済合理性に関する知識
4.取引先(アウトソーシング先等)との交渉
・必要とされる交渉を行う能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

6.センター運営 レベル2

取引先及び自社を問わず、物流センターを運営する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○物流センターの概要(=仕様)を理解している。
○物流センターにおける各施設(マテハン)の機能及び限界や納品から出荷に至る一連の流れを把握している。
○関連会社(運送会社・倉庫会社、マテハン企業等)及び担当者を把握している。
○自社のどのような部署が関係し、また責任者は誰であるか、などを理解している。
○取引先(メーカー及び小売業)の物流センターを運営する場合、取引先企業の担当部門及び担当者を把握している。
○どれくらいの資源(人材及びコストなど)を必要とするか理解している。
○物流センターの運営に遅れやトラブルが生じた場合、どのように対処すべきか指示している。
○物流センターを運営する上で、曖昧な点があれば上司や自社の関係部署、取引先(マテハン企業、建設企業等)に質問し解決している。

②センターの運営

○センター運営に伴う各種業務を計画・立案している。
○センター運営に関し、必要となる様々な付随業務を計画・立案している。
○センターの実際の運営に関し、従業員やアウトソーシング先企業を管理している。

③次回へのフィードバック

○物流センターの運営が適切に行えたかどうか、キャリア(運送会社、倉庫会社等)の担当者にヒアリングし、それをもとに自己評価している。
○今後どのような点で改善が可能か、またより効率的に行うことができるか、分析している。
○得意先物流センターの運営方法が、他の物流センターにも活用できるか検討し、自社におけるノウハウ蓄積に役立てている。
○今後への課題や、早急に習熟しておくべきノウハウなどを記録している(次回申し送り事項として考慮)。

●必要な知識

1.受託先企業に関する知識
(自社物流センターの場合を除く)
・取扱商品に関する知識
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.物流センターに関する知識
・全体的な設計(アウトライン)に関する知識
・マテハンに関する知識
・生産性・効率性など、物流センターの経済合理性に関する知識
4.取引先(アウトソーシング先等)との交渉
・必要とされる交渉を行う能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など

6.センター運営 レベル3

取引先及び自社を問わず、物流センターを運営する能力

①ニーズの把握と自社の現状把握

○物流センターの概要(=仕様)を理解している。
○物流センターに対するニーズ(機能やコスト面など)を把握している。
○機能に対するコストなど、生産性や効率性に関する指標を把握・分析している。
○他社が展開する、参考にすべき先進的な物流センターの事例を把握している。
○物流センターにおける各施設(マテハン)の機能及び限界や、納品から出荷に至る一連の流れを把握している。
○関連会社(運送会社・倉庫会社、マテハン企業等)の長所及び短所を把握している。
○どれくらいの資源(人材及びコストなど)を必要とするか理解している。
○取引先企業の物流戦略を把握している。

②センターの運営

○センター運営に伴う各種業務を計画・立案している。
○センター運営に関し、必要となる様々な付随業務を計画・立案している。
○センターの実際の運営に関し、従業員やアウトソーシング先企業を管理している。

③次回へのフィードバック

○物流センターの運営が適切に行えたかどうか、キャリア(運送会社、倉庫会社等)の担当者にヒアリングし、自己評価している。
○センター運営に関し、今後どのような点で改善が可能か、またより効率的に行うことができるか、分析している。
○得意先物流センターの運営方法が、他の物流センターにも活用できるか検討し、自社におけるノウハウ蓄積に役立てている。
○受託先企業及び受託先企業のグループ会社からのさらなる物流センター運営の受託に向け、新たな提案活動に結びつけている。

●必要な知識

1.受託先企業に関する知識
(自社物流センターの場合を除く)
・取扱商品に関する知識
・物流の基本的な流れ
2.物流に関する知識
・輸送に関する知識
・保管・在庫管理に関する知識
・包装に関する知識
・発注に関する知識
・検品に関する知識
・陳列・品出しに関する知識
・棚卸しに関する知識
・バーコードやITFなど情報に関する知識
3.物流センターに関する知識
・全体的な設計(アウトライン)に関する知識
・マテハンに関する知識
・生産性・効率性など、物流センターの経済合理性に関する知識
4.取引先(アウトソーシング先等)との交渉
・必要とされる交渉を行う能力
・話し方・話法
・敬語の使い方 など