「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備!

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

経営コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

プラスチック製品製造業 設計・開発

職種:技術  職務:設計・開発 

【概要】

製品を量産する前に、必要な技術、材料の特性、原価を検討し、実際に試作品の作成・評価を行う仕事。また、製品を量産するための技術や生産工程について研究・開発を行う仕事。 

【仕事の内容】

設計・開発の仕事は、主に技術ラインで行われ、企画・設計、技術管理、製品開発の3つに大別される。

(1)    企画・設計は市場のニーズを客観的に分析し、商品の企画を遂行する仕事である。また、原価計算や特許関係の調査を踏まえた製品設計を遂行する仕事である。

(2)    技術管理は生産技術の研究・開発や生産工程の作成・改善を提案し、技術書の作成・管理を遂行する仕事である。また、試作品を作成、評価する仕事である。

(3)    製品開発は、材料特性を理解して材料の選択を遂行する仕事である。また、製品開発に向けて生産工程の立案・実施を遂行する仕事である。 

【求められる経験・能力】

(1)    プラスチック成形における仕事の中では比較的高度な技術が要求されるため、プラスチック成形の経験を積んだ正規従業員が担当する。基礎的な知識は1年程度で習得することができるが、実際に製品を設計・開発できるようになるには、さらに数年の経験が必要である。

(2)    材料、成形、金型に関する知識、生産工程の設計に関する知識は必須である。試作品が量産された場合のコストと収益を算出するコスト感覚も求められる。さらに今後は、特許関係の知識も重要になる。

(3)    高度な知識・技能が要求される仕事であることから、技術・技能の高度化に向けて常に努力する姿勢が重要である。材料、成形法、金型に関する先端的な技術動向を把握するだけの情報収集能力も求められる。 

【関連する資格・検定等】

 ・技能検定

  プラスチック成形(1級、2級) 

【労働省職業分類(小分類)との対応】

693 プラスチック製品成形・加工工