「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備!

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

経営コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

プラスチック製品製造業 設計・開発 1.企画・設計

1.企画・設計 レベル2

市場のニーズを客観的に分析し、商品の企画を遂行する能力
原価計算や特許関係の調査を踏まえた製品設計を遂行する能力

①商品企画

○経済誌・専門誌等の各種情報から業界動向や市場動向を収集し、日ごろから市場ニーズの把握に努めている。
○新商品企画立案に向けて、市場調査や消費者動向、新技術動向等の分析を行っている。
○収集した情報を分析して、新商品企画立案に向けて、コンセプトメイキングをしている。

②製品設計

○適切なプラスチック材料を選択し、成形品の強度を計算した上で、各種成形品を設計している。
○3次元CADを使って、面状への投影、相貫線、稜線の作成や、3次元面の作成を行っている。
○汎用ソフトにより各種コマンドを作成し、必要に応じてマクロプログラムを作成している。

③〔設計としての〕原価計算

○工業簿記の勘定体系に関する基礎的な知識を有しており、工業簿記の原価計算基準に沿った会計処理を行っている。
○原価管理の目的(コストダウン)を把握した上で、標準原価計算、実際原価計算、直接原価計算を行っている。

④特許関係調査

○業界動向や新製品動向、新技術動向等について、各種媒体から日常的に情報収集を行っている。
○各種データベース等を利用して、特許動向に関する情報収集を行っている。

●必要な知識

1.  マーケティングに関する概略の知識                                                                  
・市場調査
・消費者調査
2.  デザイン・設計に関する一般的な知識
・工業デザイン
・製図
・スケッチ
・CAD・CAE
・要素設計
・有限要素法(FEM)解析
3.  材料・加工法に関する一般的な知識
・材料
・成形機と周辺機器
・金型
・成形加工法
4.  関連法規等に関する概略の知識
・PL法、関係JIS
・CEマーキング規格
・ISO9001、ISO14001
・特許法
・特許出願・取得
5.  原価構成に関する概略の知識
・材料費、労務費、経費、販売費、一般管理費
・製造原価、総原価、販売原価
・固定費、変動費
6.  原価計算と原価管理の相違に関する
    概略の知識

1.企画・設計 レベル3

市場のニーズを客観的に分析し、商品の企画を遂行する能力
原価計算や特許関係の調査を踏まえた製品設計を遂行する能力

①商品企画

○業界動向や市場動向について情報を収集し、市場ニーズに基づいた商品企画を立案するとともに、これらを基にインターネット等を使って的確な情報を検索・収集し、分析した情報を研究開発部門や製造部門へ伝達し、生産現場の商品開発を支援している。
○収集した情報を分析して、新商品企画立案に向けてコンセプトメイキングができ、更に原価・生産量・生産期間を考慮し、製品仕様について検討している。

②製品設計

○開発計画書や試作計画書、試作結果の評価基準を自ら作成し、それに基づいて部品図面や組立て図面等を作成している。
○有限要素法(FEM)に関する十分な知識を有し、CADシステムを用いて有限要素解析を行い、解析モデルを作成している。

③〔設計としての〕原価計算

○成形機別の時間当たり成形経費の算出等を行うなど、成形レート及び検査レートの算定を行っている。
○標準原価を設定した上で、実績原価との比較分析を行い、原価低減目標を検討・立案し、具体的な原価低減策を推進している。

④特許関係調査

○自社で開発された技術に関する情報を収集し、特許取得に値する新技術であるかどうかを判断している。
○各種データベース等を利用して、自社に関連する特許動向に関する情報収集を行っている。
○関連特許の調査方法を知っており、自社の特許出願に先立ち、先願特許や先行技術を調査している。
○特許出願書を作成し、特許を出願している。

●必要な知識

1.  マーケティングに関する概略の知識                                                                  
・市場調査
・消費者調査
2.  デザイン・設計に関する一般的な知識
・工業デザイン
・製図
・スケッチ
・CAD・CAE
・要素設計
・有限要素法(FEM)解析
3.  材料・加工法に関する一般的な知識
・材料
・成形機と周辺機器
・金型
・成形加工法
4.  関連法規等に関する概略の知識
・PL法、関係JIS
・CEマーキング規格
・ISO9001、ISO14001
・特許法
・特許出願・取得
5.  原価構成に関する概略の知識
・材料費、労務費、経費、販売費、一般管理費
・製造原価、総原価、販売原価
・固定費、変動費
6.  原価計算と原価管理の相違に関する
    概略の知識

1.企画・設計 レベル4

市場のニーズを客観的に分析し、商品の企画を遂行する能力
原価計算や特許関係の調査を踏まえた製品設計を遂行する能力

①商品企画

○自社の保有技術や既存商品の特性を理解して、その応用可能性を考察している。
○自社の中長期的な経営方針に合致する製品を開発していくために、業界動向・技術動向・消費者動向等に関する知識を様々な情報源を通じて入手し、その知識やノウハウを体系的に管理している。
○市場ニーズに対応し、競合他社をリードするような技術開発及び製品開発に焦点を合わせた最先端の知識を研究機関・学会・大学の研究室等を通じて獲得している。

②製品設計

○将来の新材料・新製品の開発の方向性を予測し、このビジョンを社内の関係スタッフに周知している。
○自社の中長期的な経営方針や顧客ニーズに製品が合致しているかどうかを判断し、必要に応じて設計に微調整を加えるようにしている。
○PL(製造物責任対策)法、家電製品リサイクル法、関係JIS、特許法等を念頭に置いた設計をしている。

③〔設計としての〕原価計算

○中長期的な経営目標や経営状況の改善に向けて、社内外の関係各所と調整しながら、原価低減のための具体的な努力をしている。

④特許関係調査

○最先端の技術に関する知識を獲得しながら、自社が保有する特許や将来取得が予想される特許について、特許に関する戦略を策定している。
○他社の取得済み特許に抵触していないかチェックしている。

●必要な知識

1.  マーケティングに関する概略の知識                                                                  
・市場調査
・消費者調査
2.  デザイン・設計に関する一般的な知識
・工業デザイン
・製図
・スケッチ
・CAD・CAE
・要素設計
・有限要素法(FEM)解析
3.  材料・加工法に関する一般的な知識
・材料
・成形機と周辺機器
・金型
・成形加工法
4.  関連法規等に関する概略の知識
・PL法、関係JIS
・CEマーキング規格
・ISO9001、ISO14001
・特許法
・特許出願・取得
5.  原価構成に関する概略の知識
・材料費、労務費、経費、販売費、一般管理費
・製造原価、総原価、販売原価
・固定費、変動費
6.  原価計算と原価管理の相違に関する
    概略の知識