「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備の支援をさせて頂きます。

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

従業員教育コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

プラスチック製品製造業 設計・開発 3.製品開発

3.製品開発 レベル2

製品開発の際に材料特性を理解して材料の選択を遂行する能力
製品開発に向けて生産工程の立案・実施を遂行する能力

①成形品設計

○当該製品が成形品としてコストパフォーマンスの面から最適であるかをCADを操作しながら検討し、設計・作図している。

②材料の選択

○プラスチック材料の種類と性質、プラスチック成形理論、各種のプラスチック成形法、プラスチック以外の材料(鉄、非鉄、セラミック等)について十分な知識を持っており、目的に応じて上司に相談しながら自らの判断に基づき適切な材料の選択を行っている。

③生産工程(生産システム)の立案

○生産工程(生産システム)の全体を知っており、生産進度の把握や、生産期間短縮等の納期管理を行っている。
○生産計画に対する生産能力、受注引当て及び生産状況を把握した上で、上司に相談しながら自らの判断に基づき、生産システムに関する具体的な改善案を提案している。

●必要な知識

1.  プラスチック材料の種類と性質、
    用途に関する一般的な知識
・汎用プラスチック
・エンプラ
・スーパーエンプラ
・熱硬化性樹脂
2.  射出成形法・ブロー成形法全般に関する
    一般的な知識
・成形理論
・成形機
・金型
3.  その他の成形法に関する概略な知識
・押出成形法
・インフレーション法
・ブロー成形法
・熱成形法
・圧縮成形法
4.  プラスチック以外の材料に関する一般的な知識
・鉄
・非鉄
・セラミック
・ガラス
5.  情報技術(IT)に関する一般的な知識
・2DCAD  
・3DCAD  
・KM  
・EDI
6.  オペレーション管理に関する一般的な知識
・設計管理
・品質管理
7.  QCD管理に関する概略な知識
・納期管理
・購買管理
・調達管理
・工数管理
・原価管理
・品質保証
・在庫管理
8.  競争力管理に関する概略な知識
・コストダウン
・リードタイム短縮
・歩留り向上
・在庫削減

3.製品開発 レベル3

製品開発の際に材料特性を理解して材料の選択を適切に遂行する能力
製品開発に向けて生産工程の立案・実施を適切に遂行する能力

①成形品設計

○難度の高い、複雑な特殊成形品の設計を自らしている。
○一般成形品の設計について部下の指導をしている。

②材料の選択

○プラスチック材料の種類と性質、プラスチック成形理論、各種のプラスチック成形法、プラスチック以外の材料(鉄、非鉄、セラミック等)について十分な知識を持っており、製品に求められる機能やデザインを勘案しながら、適切な材料の選択を行っている。

③生産工程(生産システム)の立案

○生産システムの設計、維持、改善、工程設計、設備導入、ライン構築を行い、そのために必要なプロジェクトチームを構築・運営している。
○担当職務に関するスペシャリスト(専門家)として、工法開発や設備の開発及び設計を行っている。
○担当職務に関するスペシャリスト(専門家)として、型・治工具設計、作業標準の作成、検査治具の設計を行っている。

●必要な知識

1.  プラスチック材料の種類と性質、
    用途に関する一般的な知識
・汎用プラスチック
・エンプラ
・スーパーエンプラ
・熱硬化性樹脂
2.  射出成形法・ブロー成形法全般に関する
    一般的な知識
・成形理論
・成形機
・金型
3.  その他の成形法に関する概略な知識
・押出成形法
・インフレーション法
・ブロー成形法
・熱成形法
・圧縮成形法
4.  プラスチック以外の材料に関する一般的な知識
・鉄
・非鉄
・セラミック
・ガラス
5.  情報技術(IT)に関する一般的な知識
・2DCAD  
・3DCAD  
・KM  
・EDI
6.  オペレーション管理に関する一般的な知識
・設計管理
・品質管理
7.  QCD管理に関する概略な知識
・納期管理
・購買管理
・調達管理
・工数管理
・原価管理
・品質保証
・在庫管理
8.  競争力管理に関する概略な知識
・コストダウン
・リードタイム短縮
・歩留り向上
・在庫削減

3.製品開発 レベル4

製品開発の際に材料特性を理解して材料の選択を適切に遂行する能力
製品開発に向けて生産工程の立案・実施を適切に遂行する能力

①成形品設計

○製品設計から理想的な成形品にするための研究を常に行い、成形品設計の向上を図っている。

②材料の選択

○市場ニーズに対応し、競合他社をリードするような製品開発を可能とすべく、日ごろから材料に関する先端的な技術動向を常に把握しており、これを自社製品に適用できるかどうか判断している。

③生産工程(生産システム)の立案

○生産工程の効率化のみならず、企業内の資源の最適化という観点から、さらに高い顧客要求を実現するための生産管理のプランニングを行っている。
○納期・調達・品質などに関して部門最適ではなく全社最適の視点から意思決定を行っている。
○生産性向上に向けたコストダウン、リードタイム短縮、在庫削減等に関する効果的なアイデアを提示し、これらを踏まえて新生産システムを設計している。
○特殊成形品に関する生産システムの最適化をリーダーシップをとって進めている。

●必要な知識

1.  プラスチック材料の種類と性質、
    用途に関する一般的な知識
・汎用プラスチック
・エンプラ
・スーパーエンプラ
・熱硬化性樹脂
2.  射出成形法・ブロー成形法全般に関する
    一般的な知識
・成形理論
・成形機
・金型
3.  その他の成形法に関する概略な知識
・押出成形法
・インフレーション法
・ブロー成形法
・熱成形法
・圧縮成形法
4.  プラスチック以外の材料に関する一般的な知識
・鉄
・非鉄
・セラミック
・ガラス
5.  情報技術(IT)に関する一般的な知識
・2DCAD  
・3DCAD  
・KM  
・EDI
6.  オペレーション管理に関する一般的な知識
・設計管理
・品質管理
7.  QCD管理に関する概略な知識
・納期管理
・購買管理
・調達管理
・工数管理
・原価管理
・品質保証
・在庫管理
8.  競争力管理に関する概略な知識
・コストダウン
・リードタイム短縮
・歩留り向上
・在庫削減