「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」で顧客数を増加させる環境整備の支援をさせて頂きます。

「1.従業員能力の向上」「2.経営効率の向上」「3.顧客満足度の向上」

従業員教育コンサルタントイディアルシーク㈱

〒700-0927 岡山市北区西古松2-26-22

 教育環境導入作成資料 パン製造業 施設介護業 卸売業(食品・菓子・雑貨等)

能力評価シート パン製造業 アパレル業 在宅介護業 施設介護業 ホテル業 プラスチック製品製造業 金属プレス加工業

卸売業 運送業務

1.ロジスティクスの基礎

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①物流およびロジスティクスの基礎的な用語や概念を理解している。

A:物流やロジスティクスについて基礎的な用語や概念を理解しており、社内連絡や顧客とのやりとり等の場面で活用していた
B:用語や概念をおおむね理解しており、通常の業務範囲では大きな問題はなかった
C:基礎的な用語や概念の理解が十分でなく、意思疎通、指示内容の適切な遂行等の場面で少なからず問題があった

②自社が提供しているロジスティクスサービス(輸送、保管、包装、荷役等)の概要を理解している。

A:自社のロジスティクスサービスの内容を理解しており、顧客等へ説明することもできた
B:自社のロジスティクスサービスの内容をおおむね理解しており、通常の業務範囲では大きな問題はなかった
C:自社のロジスティクスサービスの内容理解が十分でなく、社内や顧客との意思疎通等において少なからず問題があった

2.物流における安全の基礎

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①物流現場における安全の重要性を理解しており、「荷崩れの際はまず自分の身を守る」「コストや納期より安全を優先する」といった基本的な心構えができている。

A:物流現場における安全の重要性を理解しており、安全を最優先する意識で仕事に当たっていた
B:物流現場における安全の重要性をおおむね理解しており、基本的な心構えはできていた。
C:物流現場における安全の重要性を理解しておらず、行動、態度からもそれが伺えた

3.荷扱いの基本動作

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①落とさない、ぶつけないといった荷扱いの基本動作ができている。

A:落とさない・ぶつけない・投げないといった荷扱いの基本動作ができており、荷痛みが発生することがなかった
B:荷扱いの基本動作はおおむね理解しており、大きな問題を発生させることはなかった
C:荷扱いの基本動作を理解しておらず、少なからず(又は重大な)荷痛み等を発生させることがあった

②貨物の重心、重量、形状等を考慮し、危険のない適正な人数、適正な持ち方、適正な機器等での荷扱いができている。

A:貨物の特性を理解し、それに応じた危険のない適正な荷扱いができていた
B:おおむね、貨物の特性に応じた適正な荷扱いができていた
C:貨物の特性に応じた適正な荷扱いができていなかった

③ケアマークや注意表示を理解し、正しい荷扱いができている。

A:水濡れ防止や段数制限等のケアマークやその他の注意表示の内容を理解しており、それに従った荷扱いができていた
B:ケアマークやその他の注意表示をおおむね理解しており、通常の範囲では大きな問題はなかった
C:ケアマークやその他の注意表示をあまり理解しておらず、少なからず(又は重大な)荷扱いのミスを生じることがあった

4.5Sの実践

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)ができている。

A:5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を理解し、常に整えられた作業環境を維持しており、周りの模範となっていた
B:5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)の必要性をおおむね理解していた
C:5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)ができておらず、作業環境が乱雑になるなどの問題があった

5.情報処理の基礎

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①ワープロソフトによる文書の作成、表計算ソフトによる表作成・入力・集計といった基本的なレベルのパソコン操作ができる。

A:パソコンの操作方法について習熟しており、作業を問題なくこなしていた
B:パソコンの基本的な操作方法は一通り理解しており、特段の注意や指導は必要なかった
C:パソコンの操作方法を理解しておらず、たびたび注意や指導が必要であった

②業務上利用する情報システム(例:倉庫管理システム)の操作方法を理解している。

A:業務上利用する情報システムについて、操作方法の説明を理解し、必要に応じてマニュアルを参照するなどして適切な操作を行っていた
B:操作方法の説明をほぼ理解しており、特段の注意や指導は必要なかった
C:操作方法を理解しておらず、たびたび注意や指導が必要だった

③個人情報の保護の必要性、情報セキュリティの重要性とそれらを確保するための社内ルールを理解している。

A:個人情報の保護の必要性、情報セキュリティの重要性を理解しており、関連する社内ルールも遵守していた
B:情報セキュリティの重要性をおおむね理解し、関連する社内ルールも基本的に遵守していた
C:個人情報保護等の重要性をあまり理解しておらず、関連する社内ルールからの逸脱が少なからず見られた

6.環境対応の基礎

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①物流に関する環境問題について基礎的な知識を有している。

A:温室効果ガスの削減、省エネルギー、排出ガスの削減、包装・梱包資材の3Rといった、物流に関する環境問題を良く理解していた
B:物流に関する環境問題について、基礎的な内容は理解していた
C:物流に関する環境問題について、基礎的な事項もあまり理解していなかった

②輸配送作業の際、アイドリングストップ、エコドライブなど、環境に配慮した行動を心がけている。

A:輸配送作業に際し、アイドリングストップを行う、空ぶかしをしない、急発進・急加速を控えるといった行動ができており、周りの模範となっていた
B:輸配送作業の際、おおむね環境に配慮して行動していた
C:輸配送作業に際し、環境に配慮して行動していなかった

③庫内作業や荷役作業の際、ゴミの分別、包装資材の分別や再利用など、環境に配慮した行動を心がけている。

A:庫内作業や荷役作業に際し、ゴミの分別、包装資材の分別や再利用など、環境に配慮した行動がとれており、周りの模範となっていた
B:庫内作業や荷役作業の際、おおむね環境に配慮して行動していた
C:庫内作業や荷役作業に際し、環境に配慮して行動していなかった

7.運転者としての基礎要件

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①安全運転のための性格、運転態度、認知・処理機能、視覚機能を保有していると判断される。

A:実際の業務を通じ、性格、運転態度、認知・処理機能、視覚機能等の各側面で、ドライバーとしての適性が高いと判断された
B:実際の業務を通じ、性格、運転態度、認知・処理機能、視覚機能等の各側面で、ドライバーとしての適性が一般的なレベルにあると判断された
C:実際の業務を通じ、性格、運転態度、認知・処理機能、視覚機能等の各側面で、ドライバーとしての適性が低いと判断された

②事故・違反やいわゆるヒヤリ・ハットを、許容限度を超えて起こしていない(本項は、事前に事故・違反歴が業務上運転を行うのに問題のない範囲にあることが確認されていることを前提としている)。

A:事故・違反やいわゆるヒヤリ・ハットを、やむを得ない場合(過失割合ゼロの場合など)を除いて起こさなかった
B:事故・違反やいわゆるヒヤリ・ハットを、ごく軽微で一般的に許容範囲にあると判断されるものを除いて起こさなかった
C:安全性に関わる重要な事故・違反やいわゆるヒヤリ・ハットなど安全上の問題を起こしていた

8.効率や品質を意識し工夫する能力(運送)

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①指示された通りの作業をするだけでなく改善意識を持っており、運行管理者等とも相談のうえ、荷の量にあわせて配送ルートを変更したり、変更可能な時間指定であれば調整して積載効率を上げるといった工夫が見られる。

A:少しでも効率や品質が向上するよう、運行管理者等とも相談したうえで、仕事に工夫をしており、実際に効果をあげていた
B:単に決められた通りに作業をするのでなく、工夫しようとする意識は見られたが、その効果は明らかでなかった
C:単に決められた通りに作業をするだけで、工夫をしようといった意識は感じられなかった

9.運転者の基本動作

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①交通安全のための関連法令に明記された運転者の義務や遵守事項に従い、安全運転を励行している。

A:運転者の義務や遵守事項に従って安全運転を実践しており、周囲の模範となっていた
B:運転者の義務や遵守事項に従っており、おおむね安全運転を実践できていた
C:運転者の義務や遵守事項に従った安全な運転ができていなかった

②安全運転に支障とならないよう、健康管理を心がけている。

A:運転に対する健康状態の重要性を理解し、過労や飲酒等の生活習慣があれば改善し、必要に応じて健診を受け、健康上の異常があれば上司に報告していた
B:生活習慣の改善、健診の受診、健康上の問題の報告等について、大きな問題はなかった
C:生活習慣の改善、健診の受診、健康上の問題があった場合の報告等ができていなかった

10.運転者のマナーと顧客対応

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①身だしなみや服装、挨拶などを適正に行っている。

A:清潔な身だしなみ、所定の服装、挨拶の励行、話し方や言葉遣い等ができており、周囲の模範となっていた
B:身だしなみや服装、挨拶等はおおむね適正であった
C:身だしなみや服装、挨拶等に問題があり、たびたび注意や指導が必要だった

②顧客の担当者・実務担当者と友好的な人間関係を保っている。

A:例えば、着荷主の担当者に対し、発荷主に代わって納品しているという意識を持って接するなど、顧客のニーズを理解した接客ができており、担当者から信頼を得ていた
B:着荷主の担当者と友好的な関係を保っていた
C:顧客からクレームがあったり、顧客との接し方をたびたび指導しなければならないなど、人間関係上のトラブルを生じていた

③公共交通の場で一般車両の模範となる運転マナーを励行している。

A:会社の一員として乗務していることを自覚し、周辺車両や歩行者等に気を配り、一般車両の模範となる運転を行っていた
B:周辺車両や歩行者等に気を配るなど、運転マナーに大きな問題はなかった
C:運転マナーに問題があり、たびたび注意や指導が必要であった

④顧客からの要請・苦情等に適切に対応している。

A:顧客からの要請・苦情に対して誠実に対応するとともに、自分だけで処理せずきちんと上司に対応方法を相談していた
B:顧客からの要請・苦情に対して、おおむね対応できていた
C:顧客からの要請・苦情にきちんと対応できていなかった

11.事故・トラブル時の基本動作

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①貨物事故が発生した際に、事故の拡大防止、上司への報告等の適切な対応を行っている。

A:輸配送作業の際に、荷崩れ、落下といった貨物事故が発生した場合、事故の拡大防止等の適切な措置、上司への報告等の対応ができていた
B:貨物事故が発生した際に、基本的な対応はできていたが、判断やその場での行動に改善の余地が見られた
C:貨物事故が発生した際に、事故の拡大防止、上司への報告等の基本的な対応ができていなかった

②交通事故の発生時に、事故処理マニュアルに従った措置、被害拡大防止、負傷者の救護等の適切な対応を行っている。

A:交通事故の発生時に、事故処理マニュアルに従った措置、被害拡大防止、負傷者の救護等の適切な対応ができていた
B:交通事故の発生時に、負傷者の救護、警察への通報、会社への連絡等の基本的な対応はできていたが、判断やその場での行動に改善の余地が見られた
C:交通事故の発生時に、負傷者の救護、警察への通報、会社への連絡等の基本的な対応ができていなかった

12.輸配送作業における基本動作

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①乗務開始前に所定の日常点検を行っており、車両の清掃を行っている。

A:乗務開始前の車両の点検、清掃を適切に行い、周囲の模範となっていた
B:乗務開始前の日常点検、車両の清掃を規定通りにおこなっていた
C:所定の日常点検をきちんと行っていなかったり、車両の清掃を行っていないなど少なからず問題があった

②乗務開始前、乗務終了後に点呼を受け、所定の報告や指示を受けている。

A:乗務開始前、乗務終了後の点呼をきちんと受けており、所定の報告を行い、また、指示を受けていた
B:点呼や所定の報告、指示等について、基本的動作はほぼできていた
C:点呼や所定の報告、指示等について、基本的動作ができていなかった

③運行管理者の指定する車両に乗務し運行指示書の指示内容に従い適正に輸配送作業を行っている。

A:運行指示書の指示内容に従い、適正な輸配送作業を行っていた
B:運行指示書の指示内容に従い、おおむね適正に輸配送作業を行っていた
C:運行指示書に従った適正な輸配送作業ができておらず、たびたび注意や指導が必要だった

④乗務の開始・終了地点、日時、乗務距離、貨物の積載状況、運行遅延・事故の発生等の所定事項を記録し、乗務後点呼時に提出している。

A:所定事項を正確に記録し、乗務後点呼時に提出していた
B:所定事項を記録し、乗務後点呼時に提出するといった基本動作がほぼできていた
C:所定事項を記録していなかったり、乗務後点呼時に提出しないことが少なからずあり、たびたび注意や指導が必要であった

⑤情報機器(バーコードスキャナー、ハンディターミナル、デジタルタコグラフ等)の目的や使用方法を理解し、使いこなしている。

A:情報機器の目的や使用方法を理解し、使いこなしていた
B:情報機器の目的や使用方法をおおむね理解しており、大きな問題なく使用できていた
C:情報機器の目的や使用方法の理解が充分でなく、使用方法を間違えたりすることがたびたびにあった

13.輸配送作業における技能

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①走行速度とその制動距離、車間距離、追い越しに必要な距離、構造に起因した死角、内輪差等を理解し、適切に対応した運転をしている。

A:運転する車両の特性を良く理解しており、その特性に応じた運転技能を身につけていた
B:運転する車両の特性をおおむね理解しており、運転の際に大きな問題はなかった
C:車両の特性に応じた適切な運転ができていなかった

②荷崩れ等による運搬中の落下を防止するため、偏加重が生じないように積載、また、ロープ又はシートがけ等の適正な処置をしている。

A:車両への積載、荷崩れ防止のためのロープ又はシートがけといった作業を、貨物の種類等に応じて適切に行っていた
B:車両への積載、荷崩れ防止のためのロープ又はシートがけといった作業ほぼできており、大きな問題はなかった
C:車両への積載、荷崩れ防止のためのロープ又はシートがけといった作業ができておらず、少なからず問題があった

③顧客側の荷役条件(荷姿、大きさ、重量等)のもとで、テールゲート等を利用し、安全な積卸し作業を遂行している。

A:顧客側の荷役条件(荷姿、大きさ、重量等)のもとで、安全な積卸し作業を遂行していた
B:積卸し作業をほぼ適切に行っており、大きな問題はなかった
C:積卸し作業の際に、作業者や貨物の安全性の確保ができていないなど、少なからず問題があった

14.輸配送補助作業

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①ドライバーの指示に従い、走行中にルートの案内、伝票類の整理等の補助作業を適切に行っている。

A:ドライバーの指示のもと、ルートの案内、伝票類の整理等の補助作業を進んで行っていた
B:ドライバーの指示のもと、ルートの案内、伝票類の整理等の補助作業を一通り行っていた
C:ルートの案内、伝票類の整理等の補助作業を進んで行わず、少なからず注意や指導が必要だった

②ドライバーが配達や集荷作業を行う際、荷役の補助、荷室の整理等の補助作業を適切に行っている。

A:ドライバーが配達や集荷作業を行う際、荷役の補助、荷室の整理等の補助作業を進んで行っていた
B:荷役の補助、荷室の整理等の補助作業を一通り行っていた
C:荷役の補助、荷室の整理等の補助作業を進んで行わず、少なからず注意や指導が必要だった

15.輸配送の付帯作業

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①配送先での機器の据え付け、部品の取り付け、組み立てといった輸配送の付帯作業を、マニュアルや上司の指示等に従って、適切に実施している。

A:輸配送の付帯作業を、マニュアルや上司の指示等に従って、適切に実施していた
B:輸配送の付帯作業を、おおむね適切に実施していた
C:輸配送の付帯作業を、適切に実施できておらず、たびたび注意や指導が必要であった

16.輸送包装作業

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①自社で使用するユニットロード機材の種類を把握し、定められた用途に使用している。

A:自社で使用するユニットロード機材の種類を把握しており、定められた用途に使用していた
B:自社で使用するユニットロード機材の種類を把握し、おおむね定められた用途に使用していた
C:自社で使用するユニットロード機材の種類を把握しておらず、定められた用途以外に使用するなどの問題がたびたびあった

②パレット(平パレット、ロールボックスパレット等)への適正な積み付け方法を理解し、実施している。

A:パレットへの適正な積み付け方法を理解し、適切な積み付けを実践していた
B:パレットへの積み付け方法をおおむね理解していた
C:パレットへの適正な積み付け方法を理解しておらず、実際の積み付けが適切でないことが少なからずあった

③包装を行う商品等の形状、性質、状態を把握し、品質を損なわない包装方法を選択し、実施している。

A:包装を行う商品等の形状、性質、状態を把握し、品質を損なわない包装方法を選択し、実践していた
B:おおむね適切な包装方法を選択し、実施していた
C:適切な包装方法を選択し、実施していなかった

④段ボール包装材の規格や品質要件及びその組立手順を理解し、組立て作業を適切に行っている。

A:段ボール包装材の組立手順を理解し、その組立て作業を迅速かつ確実に行っていた
B:段ボール包装材の組立て作業をおおむね適切に行っていた
C:段ボール包装材の組立て作業に際して、作業の遅れやミス等の問題が少なからず見られた

17.作業管理の基礎

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①運行計画、作業内容と物量、作業当日の運行状況など作業の進捗を把握している。

A:運行計画、作業内容と物量、作業当日の運行状況など作業の進捗を、的確に把握していた
B:作業の進捗状況の把握方法、確認手順を一通り理解しており、実際の進捗状況をおおむね正確に把握していた
C:作業の進捗状況の把握方法、確認手順を理解しておらず、実際の進捗状況を把握できていないケースが少なからずあった

②上司の指示に基づき、標準輸配送時間など進捗確認の手段・方法を把握し、データの収集をしている。

A:進捗確認の手段・方法を理解しており、上司の指示に基づいて、自らデータの収集を行っていた
B:進捗確認の手段・方法をおおむね理解しており、上司の指導やアドバイスを受けながら、データの収集を行っていた
C:進捗確認の手段・方法を理解できておらず、データの収集も充分にできていなかった

③輸配送に関わるクレーム処理の基本的な対応方法・手順を理解している。

A:クレームへの対応方法・手順を十分に理解していた
B:クレームへの対応方法・手順を、おおむね理解していた
C:クレームへの対応方法・手順を理解していなかった

④クレーム処理の基本的な対応方法・手順に従い、必要に応じて上司の指示を仰ぐなど、適切な対応ができている。

A:手順に従ってクレーム処理を行い、そのうえで上司に報告したり、適宜上司の指示を仰ぐなど、判断が的確であった
B:基本的な対応方法・手順をおおむね理解しており、通常の範囲のクレームへの対応には大きな問題はなかった
C:クレーム処理の基本的な対応方法・手順に従った処理ができていなかった

18.業績管理の基礎

A:大変評価できる(組織の価値観と個人の価値観を明確に区分し的確な行動ができている)

B:評価できる(組織の価値観を理解している)

C:評価できない(改善方法の検討が必要・組織の価値観を明確に伝える必要がある)

①経理や会計に関する基礎的な知識を有している。

A:業績管理を行うに際して必要な、簿記の基本、勘定科目、予実管理など、経理や会計に関する基礎的な知識を習得していた
B:経理や会計について、一通りの理解していた
C:経理や会計に関する基礎的な知識も習得できていなかった

②上司の指示を踏まえ、輸配送部門における日々の収入・支出を適切に記録し処理している。

A:日々の収入・支出の記録・処理を適切に行っており、不明な点があれば上司に確認していた
B:日々の収入・支出の記録・処理方法をおおむね理解しており、上司の指示に基づき処理を行い、大きな問題はなかった
C:日々の収入・支出の記録・処理方法を理解できておらず、適切に処理していなかった

③上司の指示を踏まえ、運賃収入・輸送コスト等の業績把握のための所定の各種実績表等(車別、顧客別等)の作成を行っている。

A:業績把握のための各種実績表等の作成を行っており、不明な点があれば上司に確認していた
B:業績把握のための各種実績表等の作成方法をおおむね理解しており、上司の指示に基づき処理を行い、大きな問題はなかった
C:業績把握のための各種実績表等の作成方法を理解しておらず、適切に作成していなかった